大阪外語専門学校-関西-語学・留学・就職のOCFL

航空、観光、ホテル業界への就職や海外留学への道が開ける外国語専門学校

ホーム
説明会スケジュール 新着情報一覧 キャンパスニュース FAQ サイトマップ 資料請求
学校案内 学科紹介 入学案内 就職・進学情報 留学情報
ホーム キャンパスニュース
関連リンク
オープンキャンパス開催中
説明会スケジュール
メールマガジン登録
OCFL CAMPUS NEWS! キャンパスの最新情報をお届けします。
キャンパスニュース一覧

2006.10.19

カンタス航空で本格的な客室乗務訓練を受けてきました!

 フライトアテンダント・エアライン科ジュニア生(1年生)33名が、4週間(国内1週間+海外3週間)のフライトアテンダント研修(自由参加)を受講しました。このプログラムはオーストラリアのシドニーでホームステイをしながら、英語の学習とともにカンタス航空の乗務員訓練所で、本格的な客室乗務訓練を受けられるという、文際学園の学生のみに開かれた画期的な研修です。
   1週目の国内事前研修ではOCFLの外国人講師や元客室乗務員の先生方から、「ホームステイ・イングリッシュ」と「フライトアテンダント・イングリッシュ」の特訓を受けました。
現地の訓練では英語オンリーですので、事前に専門用語を身につけてから受講しないと、せっかくの有意義な研修が未消化に終わる可能性があるからです。そのせいか、みんな普段の授業よりも更に真剣な受講態度を見せてくれました。
  9月1日、いよいよシドニーへの出発の日、関西国際空港から、校長先生や学校関係者、ご父母、ボーイフレンド(?)など多くの見送りを受けて、みんな元気に旅立ちました。
  9月2日10時にオーストラリア到着。まずはシドニー・ウェスト・インターナショナル・カレッジ(SWIC)でENGLISH LANGUAGE PROGRAM を受講。最初の月〜木曜の午前中はENGLISH LESSON、そして午後からは各フライトアテンダントについてのロールプレイングや発音練習などを、金曜はシドニーの有名な観光地を巡り、週末は自由行動でした。現地での2週目は、日本とオーストラリアの文化の違いや、機内の安全保持と非常事態時の行動手順、ワインのサービスの仕方、メイクアップレッスンやその他多くの実践的な内容を受講しました。 3週目はいよいよ待ちに待ったカンタス航空の訓練所で、二つのグループにわかれ、1週間の本格的な訓練を行いました。その内容はおおよそ以下のとおりですが、実際にはここに書ききれないほどの新鮮な驚きと感激の連続でした。



● セキュリティチェックと緊急脱出訓練
   (カンタス航空訓練所にて)

  シートベルト・酸素マスク・ライフジャケットの使用方法のデモンストレーションの練習。気分はすっかり客室乗務員! 続いて、海上に不時着した際の緊急脱出の訓練。カンタスの訓練服を着て、救命胴衣にたっぷり空気を詰め込み、いざプールへ。ゴムボートに乗り込み、切り離し作業や、風雨に備えてのテント張りなどの力仕事が待っていました。夜を想定した暗闇の中での作業はとても難航しました。乗客の誘導訓練ではありったけの大声を出さなければOKはもらえません。客室からのスライドは、高所恐怖症だからといって容赦してもらえません。ビルの3階ぐらいの高さからジャンプするのはとても怖いものです。あまりのスピードにお尻が燃えそう!着地すれば、すぐに滑ってくるお客様のサポート態勢に就かなければならないのです。

● 国内線ターミナル見学
   (シドニー国際空港・国内線ターミナルにて)

カンタス航空の国内線では、フライトアテンダントが搭乗口でボーディングの作業も行います。本物のフライトアテンダントに代わって、当日はOCFLの学生が実際にお客様の搭乗券を読み、お名前を呼んでご挨拶をしました。とても緊張しましたが、なかなかいい気分でした。カンタスクラブというVIP専用ラウンジも見学でき、おいしそうなメニューのすべてを厚かましく味見させてもらい、みんな幸せな気分になりました。



●エコノミークラス・ビジネスクラスのサービス
   (カンタス航空訓練所にて)
  まずはカンタス航空の配膳用の制服に着替えて、ホットタオルサービスと食前酒のサービス。色々なワインやビール、ソフトドリンクの名前を覚えるのに悪戦苦闘。お客様のお食事の進み具合を見計らって、コーヒー・紅茶のサービスを行います。日本路線では日本茶のサービスもします。ビジネスクラスのサービスでは、テーブルクロスを用意。ワインサービスもウェイターズクロスという白いリネンを腕に巻き、いざお客様へ。ワインのボトルをくるっと回すと気分は高級レストランのソムリエでした。オードブルの後のメインコースは3種類。何が一番おいしいのかなと選ぶのに迷いました。実際に選んだ食事を試食できるので、選ぶのも真剣です。


●修了式   (9月22日 カンタス航空訓練所にて)

  最終日の修了式では、英語研修と客室乗務研修の2つの修了証を1人ずつ授与され、手取り足取り指導してくださったトレーナーの先生方に拍手してもらい、大感激。最後はケーキパーティ−でとても盛り上がりました。もう日本へ帰るなんて信じられない。もっともっとシドニーにいたかったとみんな思いながら、名残を惜しんで、家路に着きました。

参加者の声
藤井貴子さん (山口県立徳山高校出身)
  実際に救命ボートに乗ったり、緊急時のスライドを滑ったりした体験はとても印象的でした。客室乗務員がお客様のお命を守る大変な役割を担っていることと、このお仕事の責任の重さを実感し、ますます自分のめざすべき道を確認することができました。

松田亜未さん (大阪府立東豊中高校出身)
  緊急時の非難訓練を始める前に、実際に過去起こった他社の飛行機事故のビデオを見ましたが、血まみれで運び出される乗客や必死の形相でスライドを滑り降りる人たちの姿を見て、気楽にスライドを滑る体験を楽しみにしていた自分を反省しました。

菅 康行君 (私立神戸国際大付属高校出身)
  シミュレーターといっても、ギャレーでは本物のオーブンが使えるなど、すごい設備で感激しました。ビジネスクラスのサービスでは、飲み物を出す際に乗客とコミュニケーションをとるよう言われたのを思い出し実行したところ、インストラクターからほめられ、うれしかったです。

ア田裕子さん (鹿児島市立鹿児島女子高校出身)
  お客様のご搭乗前の清掃作業やギャレー内の入れ替え作業などを目の当たりに見学することができました。また、本物のお客様を相手にボーディング業務をさせてもらったことは感激でした。帰国の日、機内を見る視点が行きと帰りでは全く違う自分に気がつきました。この気持ちを忘れることなく、夢を実現したいと思います。


キャンパスニュース一覧
交通アクセス メールマガジン登録 ケータイサイトへのアクセス プライバシーポリシー お問い合わせ

〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10 TEL:06-6944-1061 フリーダイヤル:0120-166-277 [Yahoo!地図情報
Copyright (C) Osaka College of Foreign Languages. All Rights Reserved.