キャンパスニュース一覧

2007.04.28

LAアシスタントティーチャー/企業インターンシップ参加者の感想

ロサンゼルスの企業で就業体験をし、幼稚園児や小学生達と教室で共に学び、遊び、そしてアメリカ人の先生達のアシスタントとして英語漬けの日々を過ごした学生たちは、日米の文化から自分自身の可能性や自信、それに働くことの厳しさにいたるまで様々な発見を得てくれたようです。以下は、春休みに実施した研修の参加者(一部)の感想です。

 

<アシスタントテーチャー・プログラム>

         

★正岡典子さん

(写真左: このプログラムのオリジナルTシャツを着て、研修先の先生と)
海外研修は初めてのチャレンジでした。最初は不安もありましたが、現地の子供達や先生達との触れ合い、ホームステイの経験、英語だけでコミュニケートすることを通じ、自分がとても成長できたと思います。LAの子供たちに日本の生活や日本語を教えてあげたときに感じたのは、言葉を超えて人間はつながることができるということでした。そして自分自身がやる気になれば、どんなことでも乗り切れると実感しました。

★藪下龍一さん

(写真右: 同じくオリジナルTシャツを着て、先生とのツーショット)
日本と違って、アメリカの小学校にはたくさんの人種の子供達たちがいます。でも、アジア人であろうがヨーロッパ人であろうが、皆仲良くしていたのでとても素晴らしいと思いました。僕のクラスの子供たちも、人種や言葉に関係なく、みんな仲が良かったので、毎日一緒に過ごしてとても楽しかったです。

★小林千乃さん

現地の小学校で日本語を使うことができない状況で、英語を話す自信がつきました。自分から積極的に話しかける目標を立て、行動したのが良かったと思います。カリフォルニアでは、異文化を積極的に受け入れる教育がなされていて、すぐに溶け込める環境にあったのが嬉しかったです。行く前はあまり自信がなく散々悩んだけれど、行ってよかったと心から思いました。この研修に参加したことにより、自分自身の新たな目標を立てることができました。

★下田さくらさん

幼稚園で実習をしました。いろんな国籍の子供たちがいて、初めは何をしたらいいのか戸惑うこともありましたが、子供達からいっぱい話しかけてくれてすぐに溶け込むことができました。印象的だったのは、それぞれの子供たちの国籍や価値観の違いを敏感に感じながら接しているアメリカ人の先生たちのプロフェッショナルな姿勢でした。

★高岡真弓さん

幼稚園にアシスタントとして行きました。日本の幼稚園とは違うところをたくさん発見できてとてもよい経験になりました。ホームステイも日本との生活の違いをたくさん体験しました。いろいろな違いや発見に驚きましたが、たくさんのことを学べてとても良かったです。

★N..H.さん

小学校のアシスタントティーチャーはすごく楽しかった。先生の生徒への接し方が日本とは違っていて、たくさんのことを学べました。絵本を読むのにも、先生も生徒もみんなとても楽しそうにしているのが印象的でした。

★U..K.さん

アメリカの人たちは、みんなとてもあたたかくて、毎日とっても楽しく過ごせました。

<LA企業インターンシップ・プログラム>

★田窪鷹香さん

英語での電話応対などの業務体験を通じて、ビジネス英語と日常英会話との違いをある程度把握することができました。実際に企業で働く機会を得たことで、オフィスで働く際の具体的な内容を知ることができました。また、挨拶と笑顔の必要性や人の名前を覚えることの大切さなど、社会人としてのマナーや心得もたくさん学ぶことができ、就職活動を前にして、自分の気持ちがとても引き締まってよかったです。

キャンパスニュース一覧