関連リンク
オープンキャンパス開催中
説明会スケジュール
メールマガジン登録
OCFL CAMPUS NEWS! キャンパスの最新情報をお届けします。
キャンパスニュース一覧

2007.05.17

空港インターンシップ参加者への事前研修会を実施!



 東京国際空港(羽田空港)でのインターンシップに参加するキャビンアテンダント・エアライン科の8名の学生に対して、学内での事前研修を実施しました。研修担当者は、校長先生と就職センターの滝本先生。校長からは、学生気分を捨て、チームプレイに徹し、お客様本位のサービスを心がけながら、業務の流れをよく理解し、ミスマッチのない進路選びに活用するようにとのアドバイスがありました。また、滝本先生からは、過去のさまざまな事例を挙げて、インターン生として心がけること、注意すべきことの具体的な指導がありました。
 毎年、他校と比較にならない圧倒的な人数の派遣実績を誇る、OCFL生の空港インターンシップ。その強い実績の理由のひとつに、学生に対する事前研修など、十分な準備があります。予め専門知識やサービス適性などの課題を与えて参加希望者に予習させ、学習の到達度に応じて順次派遣する学生を決めていきます。
 たとえ「研修生」というワッペンをつけていても、制服を着ればお客様にとっては航空会社のスタッフと同じ。会社のイメージを損なうような立ち居振る舞いや言葉遣いは厳禁です。航空会社では、そのため、現場に出る前に座学研修を行い、試験に合格したインターン生のみ現場に出すようにしているとのこと。それでも、過去には1回きりで出入り禁止になった短大もあったという話です。学校として航空会社から持続的な信頼を得るためには、普段から学生へのマナー教育を徹底するなど、インターンシップに対する十分な事前教育が必要です。
 このように、学内でも事前研修を行うOCFLのインターン生たちは、他校から派遣されたインターン生とは知識の量や理解度、心構えも違っているようです。今年度も例年どおり、空港インターンシップに圧倒的多数の学生を派遣できるのはOCFLだけでしょう。

<参加学生からメッセ−ジ>


集合写真の (前列)左→右→(後列)左→右

藤田真実さん: お客様のニーズにあった接客、最高の接客とは何か、など自分の目と心と身体で理解するつもりです。
丹治祥子さん: 自信ある体力と元気良さを活かしてOCFLの代表として恥じない行動をとり、大きく成長したいです。
森ア静香さん: この研修で自分のモチベーションをいっそう高め、いつも明るく元気なグランドスタッフをめざします。
織田結衣さん: 空港内ではさまざまなお客様のお世話をし、仕事の楽しさ・やりがいを体感したいと思っています。
杉山妃加里さん:飛行機を飛ばすのにどれだけ多くの人がどう関わっているのかを理解し、就職活動の原動力にします。
清水友里恵さん:絶対に弱音を吐かずに最後までがんばる決意で、授業では学べないことを十分に吸収したいと思います。
室屋麻美さん: この業界で働くにあたってどのような能力や適性などが必要か自分の目で確認したいと思っています。
俣野瑛美さん: グランドスタッフの仕事を自分の目と耳、そして心で直接感じて、未来の自分につなげていきたいです。
キャンパスニュース一覧
交通アクセス メールマガジン登録 ケータイサイトへのアクセス プライバシーポリシー お問い合わせ

〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10 TEL:06-6944-1061 フリーダイヤル:0120-166-277 [Yahoo!地図情報
Copyright (C) Osaka College of Foreign Languages. All Rights Reserved.