学科紹介 募集要項 学校の特徴・施設 就職・進学情報 留学情報
 Homeキャンパスニュース >  OCFL生が英語スピーチ大会で文部科学大臣賞を獲得!

OCFL生が英語スピーチ大会で文部科学大臣賞を獲得!

12月07日(金)配信

2007年12 月3 日に東京で開催された第 25 回全国専門学校英語スピーチコンテスト(文部科学省、毎日新聞社後援)で、OCFL代表として出場したエアライン科ジュニア生(1年生)の林正代さんが優勝(文部科学大臣賞)の栄誉に輝きました。

林さんの英語スピーチ 1.0MB
再生する
※OCFLスピーチコンテストにて特別披露

林さんにとっては、9月に実施された大阪市姉妹都市スピーチコンテストでの優勝(サンフランシスコ協会長賞)と併せた快挙です。この全国専門学校英語スピーチコンテストでの入賞は、OCFL生にとって 4年連続!!となります。

まさに「英語スピーチの大阪外語」と言っても過言ではなくなりました。

林さんのスピーチのタイトルは “ Culture Web”。これは、日本、韓国、中国、台湾、ひいては欧米の若者たちのお互いの文化への関心が蜘蛛の巣のように広がり、政治的な関係を超える、新しい潮流になりつつあるという発見に基づく造語です。
日本での韓流ブームは映画やドラマから料理や言語にまで広がり、さらに韓国のみならず台湾や中国などの映画や音楽への興味にまで拡大し、逆に日本のコミックやファッションが外国の若者たちの興味をそそっています。
かつてありえなかった規模でのこうした文化の相互浸透という新たな流れは、政治・軍事・経済など、より大きな問題を解決できる鍵になるのではなかろうかという問題提起。そして、このような状況を理解しつつ、草の根レベルでの文化交流を通じて、世界の融和に貢献していくのがわれわれの義務であると結んでいます。

コンテストでは、スピーチの内容のすばらしさに加えて、発音、イントネーション、身振り、表情、視線など様々な要素も評価対象に加味されます。
林さんには、30年に亘ってスピーチ訓練を語学教育の重要な手法として採用してきたOCFLならではの、先生方によるプレゼンテーション・テクニックの指導を受けてもらいました。

人にアピールするというテクニックを身に着けることは、採用面接や就職後の営業活動や会議での発表など、さまざまな局面でとても役に立つものです。エアライン業界での就職をめざす林さん。
今回の快挙でとても自信がついたことでしょう。
[戻る]

Windows Media Player
Windows Media Playerを今すぐダウンロード

関連学科・専攻
交通アクセス メールマガジン登録 ケータイサイトへのアクセス プライバシーポリシー お問い合わせ

〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10 TEL:06-6944-1061 フリーダイヤル:0120-166-277 [Yahoo!地図情報
Copyright (C) Osaka College of Foreign Languages. All Rights Reserved.