学科紹介 募集要項 学校の特徴・施設 就職・進学情報 留学情報
 Homeキャンパスニュース >  「履歴書写真の上手な撮られ方」講座を開催

「履歴書写真の上手な撮られ方」講座を開催

12月12日(水)配信



12月4日(火)、エアライン科のジュニア生(1年生)を対象に、プロのカメラマンを講師に迎えて、「履歴書写真の上手な撮られ方」という講座を開催しました。

エアライン業界への就職が難関である理由、それは女性なら一度は憧れる職業なので応募者が多く、そのため競争率が高くなることです。他の企業と比べても1社あたりの採用人数はそれほど変わらないのに、応募する人が非常に多いので必然的に競争率が高まるのです。具体的には1社の募集に対し5000通から8000通の応募書類(履歴書やエントリーシート)が集まり、人気の会社に対しては10000通(!)以上の応募があります。しかし、その中から選ばれなければ憧れの職業に就くことができません。面接や筆記試験を受ける前の「書類審査」を通過しなければ、企業の採用担当者に会うことさえできないのです。



それでは、5000通から10000通の書類の中から、自分の書類が通過する為にはどうすれば良いのか。志望動機や自分が取得した資格を記載することももちろん大切ですが、書類を見てまず目に映る写真がとりわけ重要であると私たちは考えております。






今回、OCFL生を指導してくださった講師は、普段プロのカメラマンの方々も指導なさっている先生です。雑誌に掲載されるモデルの撮影から一般の方の証明写真まで幅広いお仕事をなさっている先生からの的を射たアドバイスに、学生全員、真剣なまなざしで聞き入っていました。



人の表情は同じ表情を作っていても、直接見るのと写真に写して見るのとでは大きく印象が変わります。普段から笑顔には自信があるはずなのに、写真に撮ってみると何となく表情が冴えないと感じた事はありませんか?写真を撮られる時には、自分で思っている以上に口角をしっかり上げないと、出来上がってからの表情は中途半端な笑顔にしかならないそうです。




この様に写る時のポイントをしっかりと理解しておくのとしておかないのでは、10000通の中を勝ち抜かないといけない書類審査で大きな差が出てしまいます。

OCFLのエアライン関連学科では、書類に記載する内容ももちろん細かく指導をしていますが、履歴書に貼る写真に関してもこのようにプロのカメラマンから指導してもらえる様、他校にはない実践的なカリキュラムを設定しています。エアライン業界の高い競争率を突破するために履歴書写真の撮影にも気を抜かず、「選ばれる書類」を作成する事で、また一歩皆さんの夢の仕事に近づけるのです。

エアライン科の詳細はこちら
関連学科・専攻
交通アクセス メールマガジン登録 ケータイサイトへのアクセス プライバシーポリシー お問い合わせ

〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10 TEL:06-6944-1061 フリーダイヤル:0120-166-277 [Yahoo!地図情報
Copyright (C) Osaka College of Foreign Languages. All Rights Reserved.