学科紹介 募集要項 学校の特徴・施設 就職・進学情報 留学情報
 Homeキャンパスニュース>  2007年度の学内スピーチコンテストを実施しました

2007年度の学内スピーチコンテストを実施しました

12月13日(木)配信
12月4日(火)、大阪市中央公会堂で、「第30回大阪外語専門学校・読売国際ビジネス専門学院合同スピーチコンテスト」が、読売新聞大阪本社の協賛により実施されました。今回の審査員はカナダ教育連盟のジェイムズ・イエローリーズ博士、デイリーヨミウリの佐藤伸編集長およびOCFL村田副校長です。厳正な審査の結果、学内予選を勝ち抜いた23名の精鋭から以下の学生たちが表彰の名誉に輝きました。(学科名称は2007年現在のもの)






●オラトリカル部門
 ○優 勝         田畑 恵 さん(フライトアテンダン・トエアライン科)
 ○準優勝         猶原 瑞枝 さん(アメリカ留学科/2年制)
 ○第3位         青柳 まうい さん(英語通訳科)

●暗唱部門
 ○優 勝         金 如玉 さん(アメリカ留学科/1年制)
 ○デイリーヨミウリ賞  堀川 尚華 さん(児童英語教育科)
 ○第3位         大村 智恵理 さん(海外留学科アニマルサイエンス専攻)

●スキット部門
 ○優 勝         円子 春菜 さん ・ 下地 紘子 さん (いずれも国際関係学科)

●中国語部門賞     永井 麻衣 さん(中国大学留学科)

●日本語部門賞     Liu Shi Fen さん ・ Na Ri Su さん (いずれも日本語科)



  オラトリカル部門に優勝した田畑さんのスピーチのタイトルは、“Marshal Islands” です。地球温暖化で海岸線が後退しつつあり、国土が消えかかっているマーショアル諸島。日本などが排出した多くの二酸化炭素が遠く離れた島々を苦しめています。私たちの生活は、そうした島々の住民のリスクの上に成り立っています。この深刻な現実を田畑さんは英語スピーチで強く訴えました。英語の発音やイントネーションだけではなく、内容が重視されるオラトリカル部門では、様々な主張や意見が展開され、聴衆もいろいろと真剣に考える必要を感じる契機となりました。





また、前日の12月3日に全国専門学校英語スピーチコンテストで見事優勝(文部科学大臣賞)した林正代さん(フライトアテンダント・エアライン科)のモデルスピーチも当日披瀝され、全国No.1の英語スピーチを全員が堪能しました。
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
スピーチコンテスト
 
交通アクセス メールマガジン登録 ケータイサイトへのアクセス プライバシーポリシー お問い合わせ

〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10 TEL:06-6944-1061 フリーダイヤル:0120-166-277 [Yahoo!地図情報
Copyright (C) Osaka College of Foreign Languages. All Rights Reserved.