夏期アメリカ語学研修スタート! - キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

夏期アメリカ語学研修スタート!

7月11日(金)配信

cnews080711_01.jpg 

今年度夏期アメリカ語学研修のグループが、7月5日(土)に引率の山藤先生とともに、関西国際空港からサンフランシスコに向けて出発しました。
 
cnews080711_02.jpg研修期間は4週間。研修先は、本校提携大学でカリフォルニア州マーセッド市にあるMarced Collegeです。参加学生は、サンフランシスコでカレッジのスタッフに迎えられ、現地時間(7月5日)夕方にはそれぞれのマーセッド市内のホームステイ先に落ち着きました。
 
マーセッド市は、カリフォルニアの中央に位置し、人口約7万人の小さな街で安全かつ環境も良く、サンフランシスコからは飛行機で2時間半のところ、「ヨセミテ国立公園への玄関口」として知られています。
また、公立の2年制大学であるMarced Collegeは、約12000人の学生が学ぶ総合カレッジで、80以上の専攻(文系・理系)や、職業訓練プログラムが豊富にあり、卒業後のキャリアにつながるように配慮されています。さらに、4年制大学への編入プログラムも充実しており、カリフォルニア大学の1つであるUCマーセッドへは毎年数多くの学生が編入しています。
キャンパスには、ジム、プール、図書館、陸上競技場、農業施設、看護実習室、劇場、ヘルスセンター、カフェテリアなど、充実した設備が整っています。
 
cnews080711_03.jpg7月7日(月)の登校初日には、オリエンテーションや英語力のテスト、キャンパスツアーなどが行われ、翌日の8日から本格的な授業が始まっています。今回、本校の学生たちは、一般的な英語ではなく「語学+インターンシップ」の特別プログラムを受講することになりました。内容は「Hospitality and Customer Service」。前半は接客サービスと就職に役立つ実用的な英語を学び、後半は実際に市内にあるマーケットやスターバックス、ホテル、ショップなどに出向き、学んだ英語を使ってインターンシップを体験します。
エアライン業界を目指す人、英語を使って仕事をしたい人など将来の希望は様々ですが、参加した学生たちにとって、この研修での体験が来年の就職活動に大いに役立つことでしょう。