留学科の卒業生がアメリカに出発しました - キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

留学科の卒業生がアメリカに出発しました。

7月31日(木)配信

IMG_0965.jpg 

7月18日、今年の3月にアメリカ留学科を卒業した2名の学生が、関西空港から旅立ちました。横井輝之君はカリフォルニア州サンディエゴの語学学校、野辺麻菜美さんは同じくカリフォルニア州ハンボルト大学の語学学校から、それぞれアメリカ留学をスタートさせます。2人はサンフランシスコまでは同じ便で行き、そこから横井君は南、野辺さんは北への国内線に乗り換えて目的地に向かいます。
 
IMG_0973.jpg横井君は、語学学校で3週間英語を学んだ後、8月からは、提携校のひとつであるパロマー大学で4年制大学編入を目指します。パロマー大学は、ロサンゼルスから150キロほど南にある、州立の2年制大学です。同じ南カリフォルニアでも、ロサンゼルスに比べて日本人留学生が少なく、物価も安いため、提携校の中でも人気があります。授業料は年間5,000ドル、必要なTOEFLスコアは470点。4年制大学編入プログラムの他に、映画、写真、ダンス、料理、インテリア・デザイン、ファッション、救急救命、看護学、航空学、天文学など、多彩な分野の授業を提供しています。
 
野辺さんは、10月下旬までハンボルト大学のキャンパスで英語を学び、その後はロサンゼルス郊外にあるサンタモニカ大学でメークやネールなどの勉強をする予定です。ハンボルト大学のあるアーケイタの町は、カリフォルニア州の北部にあり、150キロ北には隣のオレゴン州との州境があります。カリフォルニアは真夏の太陽がぎらぎら照りつけているかと思いきや、野辺さんはセーターにブーツ姿だそうです。カリフォルニア州は、縦に長い州なので、北と南では随分気候が異なります。
 
(野辺さんのコメント)
「アメリカに無事到着しています。サンフランシスコまで、横井さんと一緒でほんとに良かったと思いました。学校へは遅刻もせずにきちんと行ってます!毎日毎日寒すぎて、セーターにジャケットにタイツにブーツという格好です。ここは本当に北半球なのか、夏なのかわからなくなります。本格的な冬になる前にここを抜け出したいです。
着いた時は、Arcataは予想をはるかに超えるどいなかだと思いましたが、ちょっとバスにのればショッピングモールとかがありました。自転車が新品で50ドルだったので買おうと思います。なんせ、日曜日はバスが休みなので、どこも行けず… 
ちなみに土曜日は、2時間に1本で最終バスは2時です。来月は次のクラスまで1週間くらい休みがあるので、以前ホームステイしたことのあるサンタローサまで行ってこようと思います。
ホストマザーから、この近くにもcosmetologyのある大学があると聞いたので、一度見に行ってみようと思います。でもやっぱり、cosmetologyを勉強するなら都会に行きたいです。」