「上手な履歴書写真の撮られ方」講座を実施- キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

「上手な履歴書写真の撮られ方」講座を実施

12月7日(日)配信

cnews081207_03.jpg 

cnews081207_01.jpg12月2日(火)、エアライン科のジュニア生(1年生)、総合エアライン科のマスター生」(3年生)及び全学科の希望者を対象に、プロのカメラマンを講師に迎えて、「履歴書写真の上手な撮られ方」講座を開催しました。
 
今回、OCFL生を指導してくださった講師は、普段プロのカメラマンの方々も指導なさっている先生です。コマーシャルフォトや、雑誌に掲載されるモデルの撮影まで幅広いフィールドでお仕事をなさっている先生からの核心をついたアドバイスに、学生は真剣なまなざしで聞き入っていました。
 
cnews081207_02.jpg今回は事前に4名の学生がエントリーして写真スタジオで撮影済みでした。その写真のいわゆるビフォー、アフターをスライドに投影してポイントをわかりやすく説明して下さいました。
テクニック的なことは企業秘密になりますのでここでは公開できませんが、大学や他の専門学校では行われない、きめ細かな「就職対策」の一環として極めて実践的な講座です。
 
cnews081207_04.jpg
エアライン業界はもちろんどのような業界でも、履歴書に貼付されている写真の印象は、書かれている文字と共に、最初の印象を決定づけるものです。履歴書の文字が汚ければそれだけで読む気がしないように、写真に力がなければ、企業は受験者に対して興味をいだかないでしょう。
 

履歴書写真は決して別人を作り上げるのではなく、自分の持つ魅力を最大限に引き出すこと。その作業を通して自覚と自信を持って履歴書を作成するからこそ、OCFL生は、企業から高く評価され、エアライン業界の高い競争率を突破する実績を残すことができるのです。