面接試験のためのウォーキング講座を実施- キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

面接試験のためのウォーキング講座を実施

12月15日(月)配信

cnews081215_02.jpg 

cnews081215_01.jpg12月13日(土)、キャビンアテンダント・エアライン科の特別講師として、客室乗務員歴15年、現在も国際線に乗務なさり、ウォーキング・インストラクターでもいらっしゃる北川千津子先生に、「面接試験のためのウォーキング講座」をご担当いただきました。
学生たちはウォーキングのテクニックだけの講座だと思っていたようですが、美しい歩き方はもちろんのこと、座り方、立ち方、さらにはよい笑顔を作る訓練方法から、面接会場での振る舞い、日常生活での心のありようまで、客室乗務員採用試験を突破するためのさまざまな面からの具体的な対策を学ぶことができました。
cnews081215_04.jpg美しい姿勢を身につけるためには普段の訓練が大切であり、通学途中など意識的に実践することで腹筋や脚の筋肉を鍛えることができる。疲れると人間は前屈みになり、そのせいで腰を痛めるなど、悪循環となる。よい姿勢を保とうと常に意識することがとても重要とのこと。
実践訓練では、ふらつく学生、床を見ながら歩く学生、左右の靴を擦らせて歩く学生、ヒールの音をたてながら歩く学生など、さまざまな欠点が見られました。北川先生は、まず学生に好きなようにやらせみて、ダメな点を指摘なさり、どのように対処すればよいか学生自身に考えさせ、実践させ、最後にベストな方法を説明なさるので、とてもわかりやすく納得しやすい教え方でした。
cnews081215_03.jpgまた、座り方の訓練では、振り返って椅子の位置を確認してから座る学生に対し、後ろを見なくても座れる方法を伝授。いつもニコニコと笑顔を出しっぱなしにしている学生には、メリハリをつけること、お辞儀のときは歯を見せないなど、笑顔もセーブする必要があることをアドバイスなさっていました。笑顔も毎日鏡を見て訓練する必要があり、顔の筋肉の具体的な訓練方法まで教えていただきました。
3時間にわたる講座でしたが、最後は質疑応答の時間を設けていただき、学生たちからはヒールの高さ、髪型など真剣な質問が相次ぎました。とても密度の濃い特別講座となりました。