「総合英語科研修@USJ」「 英語通訳・翻訳科研修@OKINAWA」- キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

「総合英語科研修@USJ」「英語通訳・翻訳科研修@OKINAWA」!

12月26日(金)配信

cnews081226_01.jpg 

12月16日(火)に総合英語科のジュニア生(1年生)が、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで研修を受けました。USJの人事部の方から、「テーマパークでの仕事」をテーマに、貴重なお話をしていただきました。ご存知のとおり、ユニバーサルスタジオは、アメリカに本拠を持つ世界有数のテーマパーク。日本にはここ大阪に拠点をおき、日本だけでなく、アジア各国からたくさんの観光客が訪れています。
 
cnews081226_02.jpg研修では、まずUSJの印象を聞かれることから始まりました。学生たちの印象は、「楽しい」「おもしろい」「大阪の名所」など口々に答え、そのあとこのような大規模なテーマパークであるUSJではどのような仕事があり、どのように運営されているのか、ビデオを使って紹介していただきました。多種多様にわたる職種、そしていろんな方々のきめ細かな注意、気配り、安全と衛生に対する配慮、そして何より来場者が楽しい時間を過ごせるようあらゆる気遣いをされていることなど、USJのすべての方々の日々の努力で、スムーズな運営がなされていることがよくわかる内容でした。「テーマパークでの仕事」を考えるとき、来場者としての視点だけで考えるのではなく、「仕事をする場所」としてよく考えてみることが大切であるということ、そして「仕事をする」、「働く」といった視点を大切にして就職活動を行っていけば、「自分に何ができる」のか、そして「仕事のやりがいとは何か?」ということが見えてくると言われました。USJの人事の方のお話は、これから就職活動を行っていこうとする学生たちにとって、本当に貴重な教えになりました。
 
cnews081226_03.jpg研修後は、USJをおもいっきり堪能する時間。豪華で美しいクリスマスツリーやクリスマスデコレーションでいっぱいのパークは、一歩入っただけで夢のような別世界です。冬とはいえ、お天気にも恵まれ、澄み切った空気と明るい日差しの下、USJならではのたくさんのアトラクションと華やかで楽しさいっぱいのショーを時間いっぱい楽しんだ学生たち。また、英語、ハングル語、そして中国語を話す家族連れの方々が、みなさん笑顔で楽しまれている様子を見ていると、国境や文化の違いを越えて文字通り世界の人々を楽しませ、幸せにできるユニバーサルスタジオジャパンの国際的レベルのホスピタリティーとエンターテイメント力を目のあたりにできた思いがしました。
 
けれども、この華やかで楽しい舞台裏で、多くの方々が来場者のためを思って日夜努力されていらっしゃることを思うと、本当に頭が下がる思いがしました。学生たちの多くにとってUSJはお気に入りのテーマパークで、頻繁に訪れる学生も少なくありません。しかし、今回は研修のおかげもあり、普段とは少し違った思いでこの世界のテーマパークを楽しんだようです。
 
cnews081226_05.jpg一方、英語通訳・翻訳科のシニア生(2年生)たちを中心に、12月11日~13日の2泊3日の沖縄英語ガイド研修も実施されました。英語通訳・翻訳科では、京都や大阪市内での英語ガイド研修に加え、毎年、沖縄でも研修を実施しています。事前に沖縄の歴史や伝統郷土芸能について情報収集し、英語で説明できるように準備した学生たちが、連日、交代でガイド役を務めました。
 
学生たちは、晴天に恵まれた万座毛の雄大な景色、琉球村での蛇皮線の試し弾きなど、研修の合間の観光も大いに堪能しました。
 cnews081226_04.jpg 
首里城では米軍関係の観光客もいたので、引率の田中先生に背中を押された学生たちが、急遽実地のボランティアガイドを務めるハプニングもありました。
研修に参加した学生たちは、今回の研修などをテーマに1月に提出する卒業課題を完成させるために有意義な冬休みをすごすことなることでしょう。