エアラインもぎ面接再度実施しました!- キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

エアライン模擬面接再度実施しました!

2月23日(月)配信

cnews090223_01.JPG 

2月14日(土)、元JALの幹部で長年にわたり採用面接官をなさってきた方をお迎えしてのエアライン模擬面接を再度実施しました。前回に引き続き2回目の参加をする学生と初めて参加する学生たちに対し、4名の面接官が終日質問とアドバイスにかかわりました。

世界的な経済状況の悪化に伴い、新卒採用数も絞られることが予想されるため、学生たちのいっそう真剣な気持ちがひしひしと感じられる一日となりました。アドバイスに自信を得る学生、また駄目だったかと溜息を出す学生、緊張のあまり足がしびれて退出時に足がもつれた学生などさまざまでしたが、本番までに臨場感と緊張感あふれる雰囲気を体験しておくことはとても必要なことですので、今回実施した本格的な模擬面接だけでなく、今後も、エアライン担当の先生方が小グループごとの模擬面接を随時行っていく予定です。

以下、参加した学生のコメントを一部紹介します。

  • cnews090223_02.JPG初めて受講して本番のイメージトレーニングができました。改善すべき点をいくつか指摘していただき、緊急の課題として真剣に取り組んでいくつもりです。
  • 申し込んだ後、何度もキャンセルしようと思ったぐらい、参加するのが怖かったのですが、実際は思ったほど緊張することなく、面接官との会話を楽しむことができました。本番でもリラックスして臨める自信がつきました。
  • 入学した頃に比べて自分が着実に進歩したことを確認できた一日でした。お褒めの言葉をいただけて大変うれしかったです。少しでも自信があると本番で緊張しすぎることなく自分をアピールできると思いますので。
  • 前回の厳しいコメントから一転して、今回は褒めていただいたので、短期間で進歩できたと実感しました。今の気持ちを大切に、前向きにがんばっていこうと思います。
  • 無難に受け答えするのではなく、自分の熱い思いをもっとぶつけるようにと言われ、なるほどと納得しました。言葉に気持ちを乗せないと相手の心にまで届かないのだと知りました。
  • 課題は発声だと言われ、面接対策の授業で担当の先生から指摘されたことと同じでした。普段の授業でいただいたアドバイスにもっと真剣に取り組むべきだったと反省しています。
  • 面接官の方々のやさしい笑顔に助けられ、思ったほど緊張しませんでした。自分も終始笑顔を保てたと思います。課題はメイク、特に眉の描きかただと言われました。
  • cnews090223_03.JPG通常の授業では、堅苦しすぎると言われたので、今回は柔らかさを出そうと工夫しましたが、度がすぎて締まりがないと指摘されてしまいました。今後はその中間ぐらいの雰囲気作りを作れるようにしたいと思います。
  • 緊張しすぎて、面接官の指示がある前に着席してしまいました。その他普段自分では気づかない欠点を指摘してもらえたので、大変勉強になりました。歩き方なども改善して第一印象の向上に努めたいと思います。