キャンパスニュース




OCFLの学生たちが3週間のロサンゼルスアシスタンティーチャー研修に出発しました。ロサンゼルスの公立小学校で授業のアシスタントや、現地の子供たち、先生方、そして時には子供たちの保護者の方々も含めた交流をもつ研修です。 学校だけでなく、ホームステイもしながら日々、英語を使い、異文化を体験するといった中身の濃い日々を送ることになります。

出発日の関西国際空港は、「アジアのゲートウェイ」と呼ばれるだけあり中国、韓国はもとより、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールなど、多くのアジア圏の人々で活気にあふれていました。ビジネスマンだけでなく、たくさんの若い人たちのグループや家族ずれなど来日の方々も多様。 日本語を話す人もいれば、アジアの言葉を話す日本人のサービススタッフ、そして英語を話すアジアの若者たち。空港は、国際化時代の新たなかたちを反映していました。 多くのOCFLの卒業生たちがこの関西国際空港で英語、中国語、韓国語といった語学力を活かしながら働いています。

アメリカの中でも最も多文化な都市のひとつであるロサンゼルスで、学生たちはどのような経験をもつのでしょうか? 文化環境だけでなく、小学校でもその教育システム、授業のあり方、カリキュラムなど、日本とはまったく異なる教育環境を体験してきます。 きっと多くの驚きや困惑といった「カルチャーショック」が彼女たちを待ち構えていることは間違いありません。 しかし、こういった荒波の経験があってこそ国境を越えた人の優しさの有難さや理解しあうことの大切さを学べるのです。 彼女たちの成長が、今から本当に楽しみです。

3月の帰国後、またこのHPにて研修のご報告をします。お楽しみに!





木の葉も色づき始めた10月。恒例のハロウィーンの時期がやってきました。児童英語専攻の学生たちは、近隣の幼稚園とOCFLの児童英語教室にてハロウィーンレッスンを行いました。

続き▽





OCFLの児童英語専攻のカリキュラムには、「児童英語実習・演習」という科目があります。毎年、OCFLの児童英語教室にて実習は行われます。


続き▽





児童英語専攻の学生たちが、5月からはじめていた小学校英語ボランティアレッスン(前期)が終わりました。
ジュニア時の頃の理論にはじまり、教授法・教材研究といった専門科目でたくさんの練習や工夫を学び、先輩のボランティアレッスンのアシスタントといった1年間の準備を経て、本格的な実践練習を始めました。学生たちは、このボランティアレッスンを通してどのような事を学んだのか後期のボランティアレッスンへの意気込みとともに語ってもらいました。


続き▽





いよいよ児童英語専攻のシニア生たちによるボランティアレッスンが始まりました。 近隣の小学校の児童のみなさんや幼稚園の園児さん達と英語を通しての楽しい交流が始まります。

続き▽





まだ寒さの抜けない3月の関空に、カリフォルニアの太陽で日焼けをした元気なOCFL生7名が帰国しました。全員がロサンゼルスの公立小学校でのアシスタントティーチャープログラム研修を終えた学生たちです。4週間のホームステイと公立小学校で現地の子供たちや先生、そしてスタッフの方々との交流を通じ、アメリカの文化や教育制度、そして本場での英語教育を体験してきた学生たちは、さめやらぬ興奮と満足で一杯の様子でした。以下、彼ら/彼女たちの感想の抜粋です。


続き▽





1月の終わりから2月の中頃にかけて、近隣の小学校での英語ボランティアレッスンが数回にわたって行われました。 児童英語専攻のシニア生たちにとってはこの2年間の集大成となり、ジュニア生たちにとっては実習の始まりとなりました。


続き▽





寒さが本番となってきた1月。 OCFLの児童英語専攻の学生達が、近隣の幼稚園にて恒例の英語ボランティアレッスンを行いました。 3歳から5歳までの元気あふれる園児さんたちと共に、英語で楽しい時間を共有しました。


続き▽





後期が始まった10月から12月にかけて、児童英語専攻の学生達による数回の小学校でのボランティアレッスンは、無事に終了しました。机上の勉強から実践に移り、1年生から4年生のクラス全部を教えた学生達の感想をご紹介します。

続き▽





12月16日と17日の2日間にわたり、OCFL児童英語教室では一足はやいクリスマスレッスンが行われました。

続き▽


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,