キャンパスニュース




OCFLの恒例行事のひとつとして「校外学習」があります。今年は、話題沸騰のミュージカル、『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー』を、梅田芸術劇場にて観劇しました。 このミュージカルは、トニー賞を受賞するほどのイギリスの名作ミュージカルの一つです。音楽にはエルトン・ジョン、そして脚本、演出、振付などを手がけた本場イギリスの錚々たるスタッフのもと、日本人キャストで制作されました。デジタル化社会世代である学生たちの多くは、劇場に足を運び、生の舞台を見るという機会を殆ど持ったことがありません。いろんな気持ちを持って観劇をした学生たちでしたが、大きな感動を体感できる機会となりました。

一流のバレーダンサーになりたいという夢を持った炭鉱町の貧しい家の少年ビリーが、苦しみもがきながらも、その夢を実現していく様子が描かれたミュージカルだったので、主役は山城 力という子役の方でした。約1400人の中からのオーディションを勝ち抜いたものの別の役での合格だったそうで、最初から主役の座を射止めたわけではなかったそうです。そして、この舞台の主役に選ばれるまで、ダンスやバレーをやったことがなかったとか!素晴らしい演技力、歌唱力、タップダンス、そして本格的なバレーをすべて美しく、感動的に演じたこの小さな役者さんは、学生の言葉を借りれば「ビリーそのもの」でした。 たった1年半の準備時間にもかかわらず、全ての演技課題の最高水準にまで達することができたなんて、「一体どのくらいの努力をしたのかを想像すると山城さんはすごい人だと思う。そして、人は「覚悟」ひとつで希望を実現することができることがわかった」と書いている学生もいました。

チケット入手が難しくなっているほど大人気のミュージカルとなっている中、OCFL生が見た公演は100回目の記念公演で、特別カーテンコールとして主役の山城 力さんをはじめ、島田歌穂さん、益岡徹さんといった役者さんたちのコメントも聞くことができるという幸運にも恵まれました。それぞれの夢や希望の実現まで学生たちが持っている時間も約1年半。『ビリー・エリオット』の観劇で、心が熱くなる前向きなエネルギーをもらうことができ、素晴らしい演劇だけが持つ力と感動を経験することができました。ほぼ全員の学生たちが、「自分をあらためて見つめなおす機会となった」とまで言っています。若い時の感動は大切です。心に響く経験は、必ず人生を豊かにしてくれますから。





12月5日(火)に実施する第40回OCFLスピーチコンテストには多くの学生が参加します。すでに、英語暗唱部門、オラトリカルの部の本選出場者が決定しましたが、9月末に司会者2名とパフォーマンスの部の出場者のオーディションをしました。今後、中国語部門や韓国語部門の予選をやります。


パフォーマンスの部は、審査員が入賞者を決める会議の時間を利用して、歌やダンスを学生に演じてもらう、プログラムの一部です。毎回原則として2組を選ぶのですが、今回はすべてダンスばかりですが、3組を合格にしました。
写真は、パフォーマンスの部のオーディション風景。出演者は、なぜか全員、キャビンアテンダント・エアライン科の諸君でした。みんないつ練習したのかな。本番までにさらに磨きをかけてきて、観客を楽しませてくれるでしょう。







12月5日に実施する第40回OCFLスピーチコンテストのオラトリカルの部の予選を7月に、英語レシテーションの部を8月末に実施しました。
両方とも甲乙つけがたい激戦となりましたが、複数の審査員の合議により、オラトリカルの部は6名の本戦出場者と12月11日に東京で実施される、第35回全国専門学校英語スピーチコンテストの本校代表1名を決定。また、英語レシテーションの部の本戦出場枠は本来6名ですが、どうしても優劣がつけにくい複数の学生がいて、7名を予選通過者にしました。
さらに、今月後半、司会者、パーフォーマンスの部の出場者のオーディションを実施。その後、中国語部門、韓国語部門の予選も実施します。スピーチの練習は、何といっても語学の習得への近道です。40年目となる今年のコンテストも盛り上がるといいですね。






12月5日に東京で実施された第34回全国専門学校英語スピーチ・コンテストにOCFLの代表として出場した国際留学科の重田愛弥さんが第2位に相当する全国語学ビジネス観光教育協会理事長賞を獲得しました。重田さんは海外留学する準備をしており、人生を見据える視野を拡げたいと考えています。重田さんの関心のひとつは哲学で、スピーチへ向けてのさまざまなトピックを深く考察した後決めた最終テーマは、きわめて哲学的なものでした。

続き▽





OCFLには様々な恒例行事がありますが、その中のひとつが「芸術鑑賞」。今年は、国際観光・ホテル・ブライダル科、アジア言語ビジネス科中国語・英語ビジネス専攻、英語通訳翻訳科、総合英語科が、梅田芸術劇場にて上演されたミュージカル 「スカーレット・ピンパーネル」を堪能しました。

このミュ-ジカルの初演は1997年のブロードウェイで、世界中でロングラン上演されています。スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)とは秘密結社の名前。フランス革命の時代に、権力をにぎった革命家ロベスピーエルの手で多くの無実の人々が断頭台の露と消えた暗黒の時代に、イギリスの貴族たちが秘密結社を結成して逮捕処刑される運命の人々を救出するという冒険物語でした。

この日の劇場は満員で、学生たちの多くがミュージカルは初めてで、みんな興奮しながら楽しみました。日々、それぞれの専門科目の勉強や実習に忙しい学生たちにとって、この舞台に出演されていたすべてのダンサーや俳優の方々の熱演は、「プロフェッショナルだけが持つ力と魅力」を十分に堪能させてくれました。 もちろん分野は違いますが、やはり各々の分野での「プロフェッショナル」」を目指す学生たちにとって、美しいダンスやすばらしい演技が教えてくれたものは計り知れないものになったと思います。






12月2日に実施する第39回OCFLスピーチコンテストのオラトリカルの部の予選を実施しました。この予選は、東京で12月5日に開催される第34回全国専門学校英語スピーチコンテストの本校代表を決める選考会も兼ねていました。
サインアップした12名の学生のうち、体調不良の1名を除く11名が参加。予め配布した暗唱課題、音読課題で競いあいました。全員、暗唱課題をとぎれることなくこなし、甲乙つけがたい激戦となりましたが、複数の審査員の合議により、6名の本選出場者と全国専門学校英語スピーチコンテストの本校代表を決定。今後、それぞれに日本人指導教員、Native English Speaker の指導教員がついて、英語原稿の作成、発音、イントネーション、所作等の指導を受けることとなります。ちなみに、8月以降、暗唱部門。中国語部門、韓国語部門の予選も実施します。






第39回OCFLスピーチコンテストと第34回全国専門学校英語スピーチコンテスト(いずれも12月開催予定)の参加者の募集を開始しました。
前者はOCFLの前身「英語通訳ガイド養成所大阪校」時代から40年近くも続けてきた伝統行事です。内容は、英語暗唱部門、英語オラトリカル部門、中国語部門、韓国語部門からなり、毎年16人前後の出場者を公募してきました。
英語暗唱部門は原則、全員参加で、7月のクラス予選、8月の学内予選を得て6名の出場者にしぼります。今年の暗唱課題は未定ですが、オバマ大統領の広島訪問の際のスピーチの抜粋を検討中です。英語オラトリカル部門は、学生個々人の主張や考えを英語で発表してもらう内容で、7月の学内予選でこの部門と全国専門学校英語スピーチコンテストの本校代表を同時に選出します。
中国語部門、韓国語部門はアジア言語ビジネス科のそれぞれの専攻生と第2外国語選択科目の履修生が参加します。
東京で実施される全国専門学校英語スピーチコンテストでは、本校代表が優勝、準優勝、入賞とこれまで、さまざまな賞を獲得し、審査委員の先生方に「英語スピーチ」のOCFLという印象を強く抱いていただきました。
半年も先の行事ですが、学生諸君の在学中のよい思い出となるよう、これからの準備を担当する実行委員の先生方も張り切っておられます。

※写真は昨年度のものです





OCFLの第2外国語(中国語、韓国語、スペイン語)の授業がスタートして3週目になりました。(後期は「ホテルフランス語」もスタートします。)学生たちはまだ発音の習得に悪戦苦闘している段階ですが、1年~2年の学習で日常会話レベルに達するのが目標です。第2外国語(アジア言語ビジネス科では第1外国語です。)としての中国語または韓国語の履修を必修にしている学科もあるのです。

続き▽





恒例となる「大阪外語専門学校スピーチコンテスト」の第38回大会を12月3日に大阪ドーンセンターの7Fホールで実施しました。

続き▽





日本と海外との架け橋になりたい!みなさんの中にもそう思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
10月の連休中、OCFLの学生たちがまさにその架け橋となる夢をかなえました!


続き▽


 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,