キャンパスニュース



ワシントン州にある提携大学で2年制大学のひとつ、Everett Community Collegeから副学長のDr. Christine Kerlinを始め、各学部長の方々が本校の留学科を訪問されました。最初にCommunication and Social Sciencesの学部長である、Dr. Craig D. Lewisからカレッジ全般の説明をして頂いた後、学生達はそれぞれ先生方を囲んで積極的に話しかけていました。現地での学生生活に関することや、4年制大学への編入、大学のコースや授業のことなど、学生からの様々な疑問に対し、先生方はそれぞれに丁寧に答えて頂き終始和やかな交流会となりました。

Everett Community Collegeのメインキャンパスがあるエバレット市は、シアトルから北へ30マイル(約48キロ)に位置し、車では約30分程度の距離にあります。市はシアトル郊外の海と山に近接する自然豊かな場所にあり、ハイキングやスキー、釣りなどアクティビティも楽しむことができ、シアトルやバンクーバー(カナダ)にも行きやすい好立地にあります。また、ボーイング社の飛行機組立工場があることでも有名です。
カレッジは、在籍学生が約8000名、留学生は127名と規模は大きくありませんが、教授陣やスタッフがとてもフレンドリーで家庭的な雰囲気のする大学です。校内には「Nippon Business Institute Japanese Cultural and Resource Center」があり、日本庭園や茶室が整っていて、現地の学生は日本文化に直接触れる機会があり、日本人留学生にとっても一息つける憩いの場所にもなっています。

また、学生達にとってもっとも気になるTOEFLの条件ですが、出願時は不要とのこと。入学後に英語力の判定テストを受け、レベルに応じてESLプログラムや、ESLと学部クラスの両方を受講することができるようになっていますので、無理なく学部コースに進む準備ができます。

カレッジでは、航空整備、グラフィック、IT関連、美容学など技術系のコースも多数提供していますが、4年制大学の3年次編入の実績も多く、州内ではUniversity of Washington、Seattle University、Washington State University、Central Washington University, Western Washington Universityなど、また、他の州への編入実績も多数出しています。年間授業料も8448ドルと安く、最初から4年制大学に進む場合と比べるとかなり留学費用を抑えることができ、またスカラシップもあるので、このような2年制大学を経由して4年制に編入する学生が年々増えています。

本校の留学科生も、1999年度からこのカレッジへ留学するようになりましたが、カレッジ卒業後は上記の大学や大学院へも進学しています。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Everett Community College,Nippon Business Institute Japanese Cultural,Communication and Social Sciences,Western Washington University,Central Washington University,Washington State University,Christine Kerlin,University of Washington,カレッジ,Seattle University