キャンパスニュース



児童英語教師専攻の学生たちが、大阪市立鶴橋幼稚園で、英語のボランティアレッスンを行いました。
今回のレッスンは、鶴橋幼稚園の園児さんたちにとって "はじめての英語"の日。園児さんたち同様に学生たちにとっても最初の訪問となる鶴橋幼稚園。お互いが少々緊張気味でしたが、楽しいレッスンができたようです。


最初は、4歳児クラスの「きく組」の園児さんたちです。学生たちが「Hello!」と呼びかけたのですが、園児さんたちは緊張のあまり声がなかなかでてきません。期待と緊張で胸いっぱいの様子。が、レッスンがすすむとともに声が大きくなり、リズムもしっかり取れ、ジェスチャーもバッチリできました。絵本の読み聞かせの時もしっかりと集中してくれていました。

5歳児の「まつ組」の園児さんたちは、最初から「Hello~」と大きな声で学生たちを出迎えてくれました。1歳上の余裕からか「まつ組」の園児さんたちは、ジェスチャーを覚えたリ、英語で名前を言ったり、リピートも早いものです!幼稚園に行くといつも思うことですが、3歳から4歳そして5歳と成長していく1年ごとの発達段階による成長はものすごいものだとつくづく実感します。
学生たちも、今までひとつひとつ重ねてきた実習の経験から、いろんな場面に遭遇してもレッスンの流れが滞ることがなくなっていました。園児さんたちの様子がよく見えてくるようになってきたことや、ひとつひとつのアクティビティーを自分たちのものとし、こなせるようになってきたからです。大阪市立鶴橋幼稚園での英語のボランティアレッスンでは、園児さんたちだけでなく、学生たちにも確実な「成長」を見ることができた一日でした。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,園児,ジェスチャー,園児さんたち,大阪市立鶴橋幼稚園,ボランティアレッスン,アクティビティー,学生たち,胸いっぱい,ひとつひとつ,Hello