キャンパスニュース


「FIVBワールドカップバレーボール2011」が11月から12月にかけて、日本各地で実施されます。この大会は4年に1度開催される、オリンピックと世界選手権と並ぶ3大公式世界大会です。今大会の男女上位3チームが2012年のロンドンオリンピックの出場権を与えられるので、かなりホットなイベントになること間違いなしです。

昨年の世界選手権に引き続き、またまた本校の学生が大阪大会(11月24日・25日男子第2ラウンド)の英語アナウンスを担当することになりました。本校生諸君の発音やイントネーションを含む英語力に高い評価を与えてもらっているのは本当にうれしい限りです。

昨年参加した学生の一部もアドバイスを与える立場として再び参加するとともに、新たに総合英語科と英語通訳翻訳科のジュニア生から選抜することになりました。フジテレビ系列で中継されるので、たぶん顔は映らないでしょうが、自分の英語アナウンスが全国に放送されるという、とても緊張感の持てる貴重な体験ができる機会になります。日本チームの健闘とともに、これから選抜される学生諸君の健闘を祈ります。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,世界選手権,FIVBワールドカップバレーボール2011,英語アナウンス,イントネーション,本校,健闘,ロンドンオリンピック,フジテレビ系列,英語通訳翻訳科,本校生諸君