キャンパスニュース



ちょっぴりつめたい風と木の葉が色鮮やかになり始めるとハロウィーンシーズンの到来です。OCFLの児童英語教室も、恒例のにぎやかなハロウィーンレッスンを行いました。

児童英語教師専攻のシニア生が中心となり、ハロウィーンをテーマにした盛りだくさんのレッスンを行いました。ジュニア生たちも、アシストをしながら先輩たちのレッスンを見学です。 でも、ハロウィーンレッスンのポイントは「思いっきり楽しむこと!」。 思い思いに仮装をした生徒さんたちとともに、歌、ゲーム、絵本、クラフトと学生たちも大いに盛り上がったレッスンでした。
そんな中、クライマックスはなんといっても「Trick or Treat!」でお菓子をたくさんもらうこと!学生たちがいくつかの教室に隠れて、生徒さんたちはそれぞれの教室のドアの前に立ち、大きな声でこう言います。「Trick or Treat. Give me something good to eat!」 そして、学生のいる教室を見つけたらたくさんのTreatをもらって、みんなはおおいに満足げ。笑い声の絶えない楽しいハロウィーンレッスンとなりました。
五感をフルに使った楽しいアクティビイティー、ゲーム、絵本、歌、そしてクラフトを通してたくさんのハロウィーンの単語やフレーズを学び、こども達はハロウィーンをとっても楽しんでくれたようです。子ども達の明るい笑い声とつきることのないあふれんばかりのエネルギーでお化けたちはさっさと退散?それとも、もしかしたら一緒に楽しんでいたかもしれませんね。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Trick or Treat,ハロウィーン,Give me something good,楽しいアクティビイティー,ハロウィーンレッスン,生徒,クラフト,OCFL,絶えない楽しいハロウィーン,ハロウィーンシーズン