キャンパスニュース



毎年恒例のクリスマスお楽しみ会の季節がやってきました。今年も、OCFLサンタと児童英語専攻の学生たちは大阪市立伝法幼稚園、大阪市立西野田幼稚園、そして近隣の幼稚園の3園の子供たちと一緒に歌、ダンス、アクティビティーを楽しみました。

サンタの訪問を心待ちにしている子供たちは、いつもOCFLサンタと学生たちを暖かく迎えてくれて、一年の締めくくりを心地よいものにしてくれます。
幼稚園では、園児さんたちからOCFLサンタへの「質問タイム」があります。毎年、かわいらしい質問からなかなか鋭い質問まで多種多様で、サンタも目を白黒させる場面もしばしばありました。

「サンタクロースはなぜ子供たちが眠っている夜にしか来ないのですか?」 「サンタさんは、何歳ですか?」「どうしてサンタさんのそりは空を飛ぶのですか?」など、なかなか面白い質問ですよね? 
「サンタさんは、何人いるのかな~?」やOCFLサンタを見て「本当にサンタクロースなの?太ってないけど???」といった素直な子供たちの感性もとっても微笑ましいものです。

子供たちに「夢をあたえたい」という幼稚園の先生方の思い入れは、手間隙かけた飾りつけや、お楽しみ会を楽しく喜びのあるものにしようと一生懸命にがんばられるお姿から手に取るようにわかりました。
サンタだけでなく、先生方のこういった目に見えない努力があってこそ子供たちに笑顔と満たされた心をもたらすことができるのです。子供たちに幸せなひとときを創り、与えるといったことには教育的に大切な意味があることに賛同し、そして微力ながらもご協力できることを嬉しく思います。


一方、12月20日のOCFL児童英語教室でもにぎやかで楽しいクリスマスレッスンが行われました。
児童英語専攻のジュニア生とシニア生が協力して華やかに飾りつけをした教室に子供たちは嬉しそうに集まってきました。そして、いつもとは違う雰囲気の中、学生たちによるクリスマスにちなんだ楽しいレッスンが始まりました。

サンタクロースに、トナカイ、プレゼント、クリスマスツリーと、たくさんの単語を楽しいアクティビティーで学ぶレッスンは、笑い声の絶えない活発な学びとなり、「あわてんぽうのサンタさん」の突然の訪問もあり、レッスンは最高に盛り上りました!とどまることを知らない子供たちのエネルギーは、いろいろと趣向をこらした学びのアクティビティーをどんどんこなしていき、あっという間にクリスマスレッスンの時間は過ぎていったのでした。

子供たちにとってこのクリスマスレッスンが楽しい思い出のひとつになることと、学びの楽しさというものをこれからもずっと持ち続けていってくれることを願います。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,OCFLサンタ,アクティビティー,サンタクロース,飾りつけ,うのサンタ,児童英語専攻,子供たち,園児,先生方,OCFL児童英語教室