キャンパスニュース



同じコンピュータ関連なのでAXESSとACCESSはよく混同されますが、後者がマイクロソフト社のデータベース作成ソフトなのに対し、前者は日本航空グループが開発した航空機の予約・発券のためのコンピューターシステムです。


各空港のJAL系のグランドスタッフがチェックインカウンター等で使用しているシステムということです。また、空港だけでなく、旅行会社のオフィスにも多く設置されています。また、その知識と技能の修得レベルを示す検定試験もあり、国際線1~3級、国内線1~3級の6レベルがあり、学生は各2級と3級に挑戦可能です。1級は、航空会社または旅行会社の社員しか受験できません。1級の取得者は各企業での社員研修を担当できるよう、さらにインストラクター資格をめざすようです。

 ちなみに、観光系の学部・学科を持っている大学・専門学校は全国に多数ありますが、AXESSのシステムを導入している学校は、本校を含めて30数校しかないようです。本校ではキャビンアテンダント・エアライン科のグランドスタッフ専攻生、国際観光・ホテル・ブライダル科のトラベル専攻生の必修科目として、検定対策授業を設定しています。さらに、キャビンアテンダント専攻生にもこの資格を希望する学生が多いので、選択科目としても設定しており、キャビンアテンダント専攻生の約85%が選択科目として履修しています。

 合格率ですが、2011年度の国内線3級の全国平均は83.5%ですが、本校生は何と100%(全員合格!)でした。また、国際線3級の全国平均は76.3%なのに対し、本校生は95.7%と大幅に上回っています。もちろん2級合格者も多数輩出しています。その理由としては、全員が航空業界や旅行業界に就職するための必須のツールと意識していること。また、検定試験実施日が近くなると、好きなだけ自習できるよう教室を開放し、担当の先生も授業時間以外でも指導してくださるなど、学校で一丸となってサポートしていることがあげられます。

 OCFLのオープンキャンパスでは、AXESSを実際に操作できるミニ・レッスンがありますので、興味のある人は事前にプログラム内容を確認してからぜひ参加してみてください。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,キャビンアテンダント専攻,AXESS,コンピューター,キャビンアテンダント・エアライン,本校,マイクロソフト社,ホテル・ブライダル科,操作できるミニ・レッスン,選択科目,必修科目