キャンパスニュース



OCFLの児童英語専攻の学生たちによるOCFL児童英語教室での実習授業が始まりました。


"子どもが好き"、"英語が好き"、そして"子供たちに楽しく英語を教えたい"という気持ちで、OCFLに入学した学生たち。今まで一生懸命に子どもに英語を教えるための勉強をがんばってきました。いよいよ入学時の希望の実現です。

月曜日と火曜日にそれぞれ小学生たちのクラスがあります。学んだことをもとに、各々が考えて作ったレッスンプランで子供たちに教えています。工夫を凝らした絵、小道具、歌、ゲーム、衣装、それに絵本読み。
緊張はしているものの、大きくて明るい声、そして笑顔で、子供たちとの楽しいレッスンをがんぱっています。


実習は、自分たちの作ったレッスンを行える、学生たちにとっては最もやりたかったことのひとつです。しかし、なかなか自分たちの考えていたようにレッスンはいかないもの。実習のあとのフィードバックを基に、絵の書き直しや小道具の作り直し、それにレッスンの流れを必死に練習しなおして、少しでもいい授業のために「奮闘」する時期がやってきました。これからは、近隣の小学校や幼稚園でのボランティアレッスンも待っています。目一杯の奮闘で、すばらしいレッスンをして、英語の楽しさを少しでも多くの子供たちに教えていってもらいたいものです。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,OCFL,レッスン,小道具,実習,フィードバック,OCFL児童英語教室,奮闘,学生たち,入学時,子供たち