キャンパスニュース




木の葉が少しずつ色づきはじめ、ほんのりつめたい風を感じる頃になるとハロウィーンシーズンの到来です!
最近は、お店のショーウインドウにもたくさんのJack-o'-lantern も見かけるようになりました。
OCFLの児童英語教室でも、恒例のにぎやかなハロウィーンレッスンが行われました。


児童英語教師専攻のシニア生が中心となり、ハロウィーンをテーマにした盛りだくさんのレッスンで、思い思いの仮装をしてきた子ども達とともに楽しいハロウィーンの時間を過ごしました。ハロウィーンレッスンのポイントは「思いっきり楽しむこと!」。 今年は、いろいろなアクティビティーでレッスンを構成しました。みんなが知っているハローソングの歌詞をハロウィーンのテーマで替え歌にしたり、じゃんけんをハロウィーンにかかせないキャラクターを使った楽しいゲームに創作したり、ツイストゲームをハロウィーンバージョンで楽しんだりと、子ども達も学生達もみんなが参加できた盛り上がったレッスンとなりました。

そんな中、クライマックスはなんといっても「Trick or Treat!」でお菓子をたくさんもらうこと!学生たちがいくつかの教室に隠れて、子ども達は教室のドアの前に立ち、大きな声でこう言います。「Trick or Treat.!」
そして、学生のいる教室を見つけたらたくさんのTreatをもらって、みんなはおおいに満足げ。笑い声の絶えない楽しいハロウィーンレッスンとなりました。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Trick or Treat,ハロウィーン,ハロウィーンレッスン,アクティビティー,Jack-o,OCFL,絶えない楽しいハロウィーン,ハロウィーンバージョン,ハロウィーンシーズン,子ども達