キャンパスニュース



国際観光・ホテル・ブライダル科、旅行・観光専攻の学生が、海外教育旅行セミナーのインターンシップに参加しました。

このセミナーは本校の卒業生が勤務する旅行会社や保険会社、外資系の航空会社が後援し、大学や高校で国際交流を担当している教員を招いて実施されるのもので、本校の学生たちは主催者のひとつである旅行会社のスタッフの一員として、セミナー会場の設営や来場者の案内、受付などに積極的に取り組みました。

 旅行関係のインターンシップというと、旅程管理の資格をとってツアーコンダクターのアシスタントを務めたり、店頭での販売業務を見学したりといった、補助的な業務が多いのですが、セミナーの設営や来場者の受付、セミナー後の懇親会でのアテンドなど、プロのスタッフと同じ業務内容をこなす機会はなかなか得られませんので、参加した学生たちには本当に良い勉強になりました。
 なお、昨年度より2年連続でこのインターンシップに参加した男子学生は、ここで得た経験を活かして、希望通り旅行会社への就職が決まっています。内定をもらったのは今回お世話になった旅行会社とは別の会社ではありますが、業務開始前にそのことを知ったスタッフに祝福され、もうすぐ同じ世界で働く仲間として認められたことを誇らしく感じているはずです。

 今年初めて参加し、就職活動がスタートしたばかりの学生たちにとっても、自分たちが目指すプロの仕事を間近で体験することができた大変有意義なインターンシップだったと思います。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,インターンシップ,セミナー,来場者,本校,設営,ツアーコンダクター,アテンド,スタッフ,旅行会社,学生たち