キャンパスニュース





国際観光・ホテル・ブライダル科の観光トラベル専攻生が、海外教育旅行セミナーのインターンシップに参加しました

このセミナーは本校の卒業生が勤務する旅行会社や保険会社、外資系の航空会社が後援し、大学や高校で国際交流を担当している教員を招いて実施されるのもので、国際交流の実例や手法を紹介する内容で、本校の学生たちは旅行会社のスタッフの一員として、来場者の案内や受付などを積極的に行いました。

トラベル関係のインターンシップというと、旅程管理の資格をとってツアーコンダクターのアシスタントを務めたり、店頭での販売業務を見学したりといった、補助的な業務が多いのですが、プロのスタッフと同じ業務内容をこなす機会はなかなか得られませんので、学生たちは本当に良い経験をしたと思います。


終了後、今後も機会があれば積極的に声をかけると旅行会社のスタッフから確約され、次も是非参加したいと喜んでおりました。

入学して間もなく3ヶ月が経過し、旅行関係の国家資格の取得に向けて、日々勉強に勤しんでいる二人にとって、自分たちが目指すプロの現場を間近で体験することができた大変有意義なインターンシップだったと思います。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,インターンシップ,本校,ツアーコンダクター,国際交流,スタッフ,旅行会社,観光トラベル専攻生,アシスタント,業務,学生たち