キャンパスニュース




サービス介助士2級(ケアフィッター)は、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が実施する、高齢な方やお身体の不自由な方が、安心して社会参加できる環境を整えるために、お迎えする側がさまざまな人を受け入れるために必要となる「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学ぶ資格です。


現在では、エアラインやホテルなど接客サービス業を中心に多くの企業でサービス介助士が求められています。
本校では、毎年キャビンアテンダント・エアライン科や国際観光・ホテル・ブライダル科の学生たちを中心に多くの学生が、資格を取得して、就職活動も有利に進め、就職してからは現場で活躍しています。
7月13日と14日に行われた、実務教習の様子です。

車いす使用者の介助(ペアレッスン)
段差を乗り越えたり、要介助者に不安を感じさせないように配慮しながら・・・実際にやってみると意外と難しい。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,サービス介助士,毎年キャビンアテンダント,エアライン,車いす使用者,ケアフィッター,接客サービス業,NPO法人日本ケアフィットサービス,要介助者,サービス介助士2級,実務教習