キャンパスニュース



9月9日に大阪市立中大江小学校の先生方の第3回目の英語ワークショップが行われ、OCFL児童英語教育専攻の天野先生が講座を担当しました。今回は、小学校英語活動で使用されるテキスト「英語ノート」を中心にした実践研修です。 テキストにあるいろんなレッスンテーマを、どのようにわかりやすく、そして楽しく教えることができるかといったことについて、ご参加された先生方は真剣に、そして自らが楽しむことを忘れることなく学んでおられました。


3回目となる英語ワークショップでしたが、中大江小学校の先生方との研修は毎回笑いが絶えません。いつも意欲的で真剣、そして前向きな態度で研修に臨まれます。けれども、そこには必ず「楽しむ姿勢」をお忘れになりません。回を追うごとに先生方の英語による反応は早くなり、そして口をついて出てくる英語も非常にスムーズになってきています。 真剣であっても気負うことなく、そして楽しむことをお忘れにならない先生方の態度が、このような良い結果を創りつつあるのだと思いました。 

今回の研修では、英語活動において生徒さんたちが五感をフルに使って楽しめるようなレッスンもいくつかご紹介し、先生方にも体験していただきました。机上の動きのない硬い学びではなく、元気な児童の皆さんには、体全体を使って楽しく英語に接してもらい、「学び」の楽しさと「英語」の楽しさを同時に感じてもらえたらいいなと思ったからです。

語学学習のきっかけにおいて「楽しい感覚」を持つことは、その興味度を強めることになり、知識を深め、視野を広めることにつながるとても大事な事柄です。大阪市立中大江小学校の児童の皆さんが小学校英語活動を通じて、学ぶことの楽しさをもっと知り、英語学習が児童のみなさんの世界をより大きく広げることのできるきっかけとなるよう、私たちもこれから惜しみなくどんどん協力をさせていただきたいと思います!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,大阪市立中大江小学校,先生方,英語ワークショップ,テキスト,OCFL児童英語教育専攻,小学校英語活動,研修,きっかけ,レッスン,生徒