キャンパスニュース




今年も、OCFLの児童英語教室で、恒例の楽しいハロウィーンレッスンが行われました。

魔女や海賊など、生徒さんたちはそれぞれに工夫を凝らしたかわいらしいコスチュームに身を包んでやってきました。 いつもの教室は、Jack-o'-Lanternやghosts, witchにpumpkinで彩られた飾り付けでハロウィーンの雰囲気でいっぱい。児童英語教師専攻のシニア生が中心となり、ハロウィーンをテーマにした盛りだくさんのレッスンで仮装をしてきた子ども達とともに楽しいハロウィーンの時間を過ごしました。ハロウィーンレッスンのポイントは「思いっきり楽しむこと!」。 そしてクライマックスはなんといっても「Trick or Treat!」でお菓子をもらいに行くことです! ジュニア生とシニア生達が隠れている教室のドアの前に立ち、子ども達は大きな声でこう言います。「Happy Halloween! Trick or Treat.!」 そして、学生たちからたくさんのTreatをもらって、みんなはおおいに満足げ。笑い声の絶えない楽しいハロウィーンレッスンとなりました。 

英語を学び、異文化について知るというレッスンテーマで学生達は「楽しく学んでもらう」レッスンプランを考え、練習し、実践し、振り返りを通していろいろなレッスンテーマで「楽しい中にも学びがあるレッスン」ができるティーチングスキルを学んでいます。しかし何よりも、ハロウィーンレッスンのように子ども達が毎年楽しみにし、彼ら彼女達のいい思い出を紡いでいってあげられることに学生達は大きなやりがいを感じているのです。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Trick or Treat,ハロウィーン,Happy Halloween,ハロウィーンレッスン,OCFL,ティーチングスキル,かわいらしいコスチューム,Jack-o,シニア生,絶えない楽しいハロウィーン