キャンパスニュース




Hafa Adai!(ハファデイ!・・・チャロモ語で「こんにちは!」の意味です)
国際観光・ホテル・ブライダル科担任の片桐です。
今日は常夏の島、グアムからのレポートです。


将来、ホテルやブライダル、観光業界への就職を目指す本校1年生の学生達は、2013年最後の授業が終わると同時に研修のためにグアムに飛び立ちました。
海外が初めての学生もおり、飛行機の中では多少緊張していたようですが、到着と同時にグアムの方の温かい笑顔に癒され、無事に研修のスタートを切ることが出来ました。

初日は現地の旅行会社を訪問したり、チャペルを見学、ウェディングドレスの試着も体験。
翌日からはいよいよ、グアム・マリオット・リゾート&スパでのホテルサービス研修。


ホテルスタッフといえば、ビシッとしたスーツに身をつつんでうやうやしくご挨拶をする姿を思い浮かべがちですが、
グアムなどのリゾート地ではスタッフの服装もかなりカジュアルです。
学生達はおそろいのマリオットホテルオリジナルTシャツに身を包んで研修に励みました。
スタッフとはもちろん英語でのやりとり。接客も英語で行います。
フロント、カフェレストラン、ハウスキーピング、オペレーター業務とさまざまな仕事を体験し、積極的にスタッフをに質問をするなど皆、熱心に活き活きと取り組んでいました。

「この研修を通して、スタッフの方からも海外就職も夢ではないことを教えていただいたので是非海外就職したい!」
「英語力をもっとつけて、国際級ホテルに就職できるように頑張りたい!」
「フレンドリーなサービスだからこそ表現できるホスピタリティがあることが分かった!」

4泊5日の研修ではありましたが、学生達はそれぞれ大きな学びを得たようです。

この研修で学んだ彼らが、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催の頃には世界の大舞台で活躍していてほしいですね。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Hafa Adai,グアム,ハファデイ,マリオットホテルオリジナルTシャツ,ハウスキーピング,研修,チャロモ語,スタッフ,国際級ホテル,オペレーター業務