キャンパスニュース




1月の終わりから2月の中頃にかけて、近隣の小学校での英語ボランティアレッスンが数回にわたって行われました。 児童英語専攻のシニア生たちにとってはこの2年間の集大成となり、ジュニア生たちにとっては実習の始まりとなりました。


今回は、いろんな学年の児童の皆さん達と英語で楽しく学びあいました。それぞれの学年によって異なるレッスンプランをたてて、たくさんのレッスンに挑んだ学生達。 特に4年生ぐらいになりますと児童のみなさんたちの興味度や理解力といものが、大きく変わり始めます。今回は、児童の皆さんの参加を中心にしたゲームを行ったり、いつもの歌にいろいろな工夫を凝らしたり、今までのボランティアレッスンでせっかく英語に慣れ親しんできてくれている児童の皆さん達を飽きさせない様な変化と、これからもっと英語に興味をもち続けてもらえるようなレッスンを作っていきました。 

この小学校には、幼稚園のころからOCFLの英語ボランティアレッスンに慣れ親しんできてくれている児童のみなさんもたくさんいらっしゃいます。学校の廊下ですれ違う時や、英語の教室に入ってくる時に、児童のみなさんが口々に「Hello!」, 「Good morning!」と笑顔で自然に英語の表現を口にしてくれるのを見ていると、小さな積み重ねの大切さをつくづく感じさせられます。

とにかく、みんなが楽しく参加できる英語のボランティアレッスンを心がけてきている私達です。「理屈」より、「楽しい音楽」、「多彩な色を使った絵でいっぱいの夢のある絵本」を使い、「身近な表現」をゲームなど身体を動かすことを通して学ぶことの楽しさを伝えていきたいと思います。 来年度も、たくさんの笑顔がみえるような、よりよいレッスンを作っていけるよう学生共々がんばっていきます!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,Good morning,児童,英語ボランティアレッスン,OCFL,みなさん,学年,小学校,理解力,児童英語専攻,集大成