キャンパスニュース




いよいよ児童英語専攻のシニア生たちによるボランティアレッスンが始まりました。 近隣の小学校の児童のみなさんや幼稚園の園児さん達と英語を通しての楽しい交流が始まります。

今回は、さっそく小学校にて4年生の皆さんたちと一緒に英語のレッスンを楽しみました。 シニア生にとっては、最初のボランティアレッスンとなるので緊張の度合いも大きかったようですが、元気で明るい児童の皆さんのおかげで、無事にやり終えることできました。

学生たちは、ゲームや歌の振り付けに工夫を凝らし、みんなが楽しめるような新しい動きにしていたので、児童の皆さん達は今までとは違う振り付けを笑顔いっぱいで楽しんでいたのがとても印象的でした。

1年間の理論学習、実技練習、先生や先輩の授業見学やアシスタントなどを経て、今回、自分たちだけで初めてレッスンを行ったシニア生たちは「実践」の難しさを体験したようです。しかし、ここからがスタートです。異なる学年や年齢に見合ったレッスンプランを作成し、子供たちに「学びのある楽しいレッスン」をしっかりできるようになるまで、しばらくは「修行」の日々が続きます。。。奮闘振りは、校内ニュースにてご報告していきますので、お楽しみに。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,振り付け,ボランティアレッスン,園児,シニア生たち,アシスタント,小学校,児童英語専攻,皆さん,校内ニュース,度合い