キャンパスニュース




木の葉も色づき始めた10月。恒例のハロウィーンの時期がやってきました。児童英語専攻の学生たちは、近隣の幼稚園とOCFLの児童英語教室にてハロウィーンレッスンを行いました。

幼稚園では、3歳児から5歳児の園児さん達と一緒に歌、アクティビティー、そして「かぼちゃ」や「おばけ」などハロウィーンならではのテーマの絵本読みを楽しみました。特に絵本はどのクラスの園児さんたちも、とっても楽しんでくれたようです! 学生たちの授業は、常に笑顔、そしてよく通る大きな声での指示、子ども達の反応への落ち着いた対応、ハプニングにも戸惑うことなくうまくつなぎ合わせるなど、「余裕」が見られるようになっていました。日々の練習、OCFLの児童英語教室や数多くのボランティアレッスンでの経験を通してがんばってきた結果が、このような短期間での成長を実現させたのです。


~OCFL児童英語教室~
毎年この時期になると、OCFLの児童英語協教室はハロウィーンに模様替え。そして、たくさんの仮装をした生徒さんたちでにぎやかな一日を迎えます。 今年は、USJで大人気のハリーポッターがレッスンのテーマや仮装にも反映されていました。 魔法の勉強はできないけれど、みんなは自分たちだけの魔法の杖を作り、いざ、Trick or Treatの時間!作ったばかりの魔法の杖を持ち、個性豊かな仮装で、生徒さんたちは教室めぐりを始めました。教室の中にはこわ~いおばけ(!)もいたようですが、生徒さんたちはたくさんのお菓子をもらってご満悦!今年も、楽しいハロウィーンを過ごすことができました。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,OCFL,ハロウィーン,Trick or Treat,園児,生徒,アクティビティー,おばけ,仮装,ハリーポッター,OCFL児童英語教室
OCFL SITE MAP