キャンパスニュース




日本と海外との架け橋になりたい!みなさんの中にもそう思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
10月の連休中、OCFLの学生たちがまさにその架け橋となる夢をかなえました!


大阪青年会議所主催「キッズアドベンチャー2015」のファンリテーターとして、18名ものOCFL生が日本と海外の子どもたちをつなぐ架け橋となりました。「キッズアドベンチャー」は、日本の子どもたちと台湾・カンボジア・タイからの子どもたち、合わせて100名が3日間生活を共にし、大阪市内をウォーキングツアーで巡ったりお寺で宿泊したりバーベキューをしたり、さまざまな活動を通じて国際交流を深めるイベントです。ウォーキングツアーでは、今話題の日本一高いピル・あべのハルカスの展望台だけでなく、普段は入れないエリアに入場したり、とてもユニークなものだったそうです。
OCFL生が担当したファンリテーターとは、その活動を円滑にするためのサポートスタッフです。必要に応じて英語・中国語⇔日本語の通訳を行ったり、ツアー中の安全確保をしたりと常に気配りをしながらイベントがスムースに運ぶようにお手伝いをするのが主な業務内容です。OCFL生は学校で身につけた語学力とコミュニケーション力、ホスピタリティマインドを発揮して大活躍しました。
次年度も同様のイベントを開催するので、またぜひOCFLの学生たちにお手伝いをして欲しいとの大阪青年会議所担当者さまからの嬉しいコメントもいただきました。次年度OCFLに入学を予定されているみなさん、日本と海外との架け橋になる夢をかなえるチャンスですね!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ファンリテーター,OCFL,架け橋,キッズアドベンチャー,次年度OCFL,大阪青年会議所,ウォーキングツアー,ホスピタリティマインド,お手伝い,子どもたち