キャンパスニュース



 9月28日から10月9日にかけて、本校の卒業生が多数お世話になっている各分野の一流企業をお招きし、校内企業セミナーを実施いたしました。

 まず最初にインターネットの就職情報サイトを運営する企業にお越しいただき、実際にインターネットに接続された画面を見ながら、希望する分野の検索方法や、エントリーの方法などを詳しく学びました。
 ご来校いただきました企業の担当者の多くが、実際に学生を採用する部署の方で、会社が求める人物像や、必要とするスキルなどについて、熱く語っていただきました。

 特に本校がバツグンの就職実績をあげているエアライン・ホテル関係の企業のセミナーでは、多くの企業が現場で働く本校の卒業生を連れて来てくださり、目標としている企業がより身近になったと、参加学生たちも大変喜んでおりました。

 なお、企業セミナーの合間に見事に憧れの企業に内定を決めた本校の在校生からのアドバイスの時間も設けました。
 内定した在校生たちは、企業に内定した成功体験を語るだけではなく、そこに至るまでにどんな努力が必要であったのか、不合格になった時の反省や、そこからどう立ち直っていったのかなど、これから就職活動を始める下級生にとって大変ためになる話しをしてくれました。

 また、現役のキャビンアテンダントとして世界を舞台に活躍している本校の卒業生が講師となって、最近難易度が上がってきている筆記試験の対策セミナーを実施するなど、就職試験全般をカバーする配慮も行いました。

 先日キャンパスニュースでご紹介したヒルトン大阪におけるテーブルマナー研修も、単なる教養講座ではなく、実際には今回の校内企業セミナーのプログラムの一部して実施されたものです。

 ただ、校内に企業を招いて話し聞くだけのイベントならば、多くの専門学校や大学でも実施されていますが、本校では実際に企業へのエントリーの方法、社会人になってから必要となる立ち居振る舞いや言葉遣いの修得、憧れの企業に内定した在校生の先輩や、その企業で実際に働いている先輩の話を聞く機会などを、企業から情報を得るセミナーに組み合わせることで、就職活動のサクセスストーリーを参加者ひとりひとりが描くことが出来るよう工夫しているのです。

セミナー終了後、参加学生の多くが今回のセミナーで学んだことを生かし、自らの夢の実現に向けて、授業の合間や放課後に企業研究とエントリーシートの作成に取り組んでくれています。

本校では今後も月一回実施している就職ガイダンスや、年明け早々に今回と同様の規模で実施予定の校内企業セミナーを通して、学生の就職活動を支えてまいります。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,本校,校内企業セミナー,在校生,卒業生,エントリー,エアライン・ホテル関係,キャビンアテンダント,立ち居振る舞い,インターネット,就職活動