キャンパスニュース




今年も春恒例のロサンゼルス・アシスタントティーチャー・プログラムの時期がやってきました。今年は、総合英語専攻、大学編入専攻、そして児童英語専攻の学生たちが参加し、昨日、彼らは元気で出発していきました。


研修期間は3週間。 ホームステイをしながら、現地小学校でのクラスで先生や生徒さんたちとの交流がまっています。 アシスタントティーチャー研修は、1クラスに1人入り、アメリカ人の先生のアシスタントをする研修です。アシスタントの内容は、授業の中で生徒さん達の学習の手助けをしたり、教材作り、採点、体育の授業や小学生たちと一緒にランチをとるなど、米国の公立小学校でのあらゆることを経験し、アメリカでの教育システム、授業や指導の仕方、それらを通して見るアメリカ社会、文化、そして価値観といったものを文字通り「体験」できる研修です。

毎年この研修に参加した学生たちは、日本の小学校にはない、アメリカならではの小学校行事やシステムに驚き、楽しんできます。また、ホームステイ先でのアメリカ人家族とのコミュニケーションを通して英語でのコミュニケーション力を磨き、そして言葉を超えた気持ちの交流を経験してくるのです。見ず知らずの土地で、バス、自転車、徒歩などでそれぞれの担当の学校に行き、先生や生徒さん達と交流し、アメリカ人家族と共に過ごし、そして小学校での教育といった視点でアメリカを体験することを通して、学生たち自身もひとまわり大きく、そしてたくましくなって帰国してきます。

午後の関西国際空港は、アジア各国からの人々でにぎわっていました。彼らも日本文化や日本人との交流で、それぞれにいろんな経験をされ、見聞を広められたことだと思います。彼らの多くが、日本人の見送りの人々と笑顔で別れを惜しんでいました。今回の学生たちは、どんな刺激を受け、どのように成長してくるのでしょうか?3週間後の彼らの笑顔の帰国とたくさんの報告が今から楽しみです。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,アシスタント,ホームステイ,生徒,コミュニケーション,アメリカ人家族,関西国際空港,アシスタントティーチャー研修,学生たち,小学校,彼ら
OCFL SITE MAP