キャンパスニュース




キャビンアテンダント・エアライン科1年生の粂美薫さんが、ANA沖縄空港株式会社での2週間のインターンシップを体験してきました。そのレポートの一部を以下発表します。

様々な業務を体験させていただきました。まず、到着業務ではお声かけやアナウンスをしました。アナウンスはとても緊張しましたが、滅多にできる体験ではないのでうれしかったです。
ラウンジ業務は、現在やっている飲食店でのアルバイトと通じるものがあり、スムーズにこなすことができたと思います。
Baggage業務では古いタグであることを見抜けずにお荷物を流してしまい、やりなおすのに余分な時間がかかってご迷惑をかけてしまいました。それ以降は十分注意することを心がけました。
Gate業務では、人数と搭乗券の枚数が一致しているかどうかの確認をしつつ、定刻以内にすべてのお客様に搭乗していただく責任の重大さを感じました。ぎりぎりの時間しかない時もあり、応援をお願いしたり、走って未搭乗のお客様をお探ししたりしました。
LCCの担当業務では、コンベアーがないため、お荷物を手運びしなければならず、大変でした。また、ランプまでお客様をご誘導する業務もあり、定まった場所以外を歩かれる方がいないよう、安全確認の必要がありました。
様々な業務を様々なスタッフが分担しつつ、一丸となって、定刻に安全に飛行機を飛ばすという、グランドスタッフの役割の大切さを、この研修でかなり明確に理解することができました。スタッフの方それぞれが工夫なさって効率を上げながらこの業務に取り組んでおられる姿を見て、とても感動し、改めてその一員になりたいと強く感じました。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,粂美薫,お荷物,アナウンス,コンベアー,インターンシップ,ANA沖縄空港株式会社,キャビンアテンダント・エアライン,定刻,搭乗券,お客様
OCFL SITE MAP