キャンパスニュース




大阪市内にある創造社デザイン専門学校さんでは、夏の恒例行事として、海外からのデザイン専攻の学生と日本の学生と協同でひとつのプロジェクトを完成させる国際ワークショップが開催されています。今年はアジア、アメリカ、ヨーロッパからデザイナーの卵たちが参加しました。デザインの世界でも、世界の共通語は英語。今年もOCFL英語通訳・翻訳科の1・2年生4名が、授業で身につけた高い語学力と通訳スキルで2~3週間にわたるワークショップで、コミュニケーションの橋渡し役として活躍しました!今年のテーマは〈日本の祭りの屋台をデザインする〉こと。実際の夏祭りで屋台を出店するため、国内外の学生たちが白熱したディスカッションやコラボレーションを行いました。通訳を担当したOCFLの学生たちも、デザイン学生たちの熱意に負けないように悪戦苦闘をしつつ、精一杯の努力と周囲のサポートで充実した2週間を乗り切り、経験というかけがえのない財産を得たようです。


今回の通訳インターンシップに参加した学生たちのコメントを一部紹介します。

英語通訳・翻訳科1年生 福嶋直哉くん
「私の業務は英語全般に関することで、ディスカッションの際の通訳、製作の際の翻訳、海外と日本の学生とのコミュニケーションの補佐を主に行いました。今回のインターンシップでは、自分の弱点を浮き彫りにすることができたのが大きな収穫でした。自身の英語技能向上のため、今回気づいたことを自分に対する新たな課題としたいと思います。今回のインターンシップに参加して良かったです。来年も参加を希望します」

英語通訳・翻訳科2年生 中尾美優さん
「昨年に引き続き今年も国際ワークショップの通訳者として参加させていただきました。昨年はアジア圏の方たちの英語のアクセントになかなか慣れることができず、聞き取りに苦労することもありましたが、今年はそのようなこともなくなり、スムーズに聞き取ることができ、自分自身の成長を実感できて大変嬉しく思いました。昨年ははじめての体験ばかりで戸惑うことも多く、正直本当にお役に立っているのか不安になることもたくさんありましたが、それがあったからこそ今年は悔いを残さないよう全力を出し切って、楽しんでインターンシップに参加することができました」

英語通訳・翻訳科2年生 辻本千春さん
「このワークショップの素敵なところは、人との出会いにもっともっと感謝して、大切にするべきだと思わせてくれることです。最後のお別れ会ではホストファミリーと留学生、日本人学生と留学生、私たち通訳者と学生の皆さんとの間で生まれた想い出やドラマを振り返ることができ、心が温まりました。出会うことで必ず別れもやってきますが、このインターンシップで学びえたものを活かし成長することができた頃、またここで出会った人々と再会することが実現したら良いなと思います」


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,インターンシップ,OCFL,ディスカッション,辻本千春,中尾美優,翻訳科,コミュニケーション,創造社デザイン専門学校,留学生,国際ワークショップ