キャンパスニュース




国際留学科の担任フランク・クレイプール先生によるミニ校外学習は近隣の公園、天王寺動物園に続き3回目。授業のない土曜日なので、アルバイトで忙しい学生が多く、今回も参加者が少なかったが、英語での説明や質疑応答で英語力アップに役だったこと間違いなしでした。

行き先は万博記念公園と国立民族博物館。学生たちが後期に受講している" world geography"(世界地理:一般教養科目、アメリカ提携大学の多くで単位認定してもらえる)を教えているのもクレイプール先生なので、まさに授業の延長でした。民族博物館は、地理の授業で習った多くの事柄を実際に見たり体験したりするすばらしい機会を与えてくれました。

館内は、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど様々な地域のコーナーに分かれていました。また日本のコーナーもひときわ広かったです。展示物の英語説明文には学生たちが世界地理やtoeflの授業で習った単語が頻出していました。英語説明文を読み、英文や展示物に関するディスカッションをするのは本当に貴重な英語レッスンでした。クレイプール先生も学生たちもとても楽しいひとときを過ごしました。何と、4時間半も博物館内にいたそうです。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,クレイプール,クレイプール先生,world geography,展示物,英語説明文,担任フランク・クレイプール先生,ディスカッション,世界地理,授業,学生たち