キャンパスニュース




国際留学科の担任フランク・クレイプール先生によるミニ校外学習、昨年は近隣の公園、天王寺動物園、万博記念公園と国立民族博物館に行きましたが、今年も、近隣の公園からスタートしました。

クレイプール先生によるTOEFL対策補講は週2~3回実施していますが、教室での学習に加えて、外で見たもの、聞いたもの、触れたものをこれまで学習した英語で表現する練習がミニ郊外学習の目的です。例えば、公園への途上、全員で"intersection"(交差点)を渡る時、多くの"vehicles"(車や自転車の総称)を見ました。また、"vending machine"(自動販売機)で飲み物を買う学生もいました、等々。

公園では、植物、昆虫、鳥など、見た物を英語で言うようにします。公園で人々が何をしているのかも学生に説明させます。幸い、天気がよく、楽しく有益な授業ができました。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,vending machine,クレイプール,担任フランク・クレイプール先生,intersection,近隣,自動販売機,TOEFL対策補講,天王寺動物園,国立民族博物館,vehicles