キャンパスニュース




皆さんこんにちは!
OCFLに入学して約2か月が経過。
学校生活にも大分慣れてきたようです。

さて、今回はホテルコース1年生のプレゼンテーションの様子を紹介したいと思います。

ホテルコース1年生の学生達はホテル研究の一環として、実際にホテルに足を運び、ホテルを見学した上でその研究成果をプレゼンテーションします。
実際にホテルに足を運ぶことで、ホテルの仕事の面白さをより身近に感じることが出来、より将来の目標が明確になります。学生達はグループに分かれて、自分達が研究したいホテルをチョイスし、研究成果を写真や文章にまとめ、パワーポイントでプレゼン資料を作成。それぞれがいろいろな意見を出し合いながら活発に研究を進めています。

今日はリーガロイヤルホテル大阪とヒルトン大阪を研究したチームによるプレゼンテーションが行われました。


実際にホテルを見学することで
「是非 ヒルトン大阪で働いてみたいと思いました!」
「リーガロイヤルホテル大阪のスタッフの方々のようにカッコイイプロを目指します!」
といった1年生らしいフレッシュな感想もあり、なかなかよいプレゼンテーションだったと思います。

グループワークということもあり、授業時間以外でもパソコンやスマートフォンを使用して一生懸命準備に取り組んでいましたがその成果が発表として表れていたと思います。

この取り組みをきっかけにホテル研究を続けて、さらにステップアップしていただきたいと思います。

ホテルコースの1年生の皆さん、お疲れ様でした!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,プレゼンテーション,リーガロイヤルホテル大阪,研究成果,ヒルトン大阪,OCFL,パワーポイント,ホテル研究,ホテルコース1年生,プレゼン資料,スマートフォン