キャンパスニュース



秋も深まり木々が色鮮やかな木の葉で染まるころはハロウィーンシーズン到来です。OCFLの児童英語教室も、10月最後の週はにぎやかなハロウィーンレッスンを行いました。

ハロウィーンのレッスンは、児童英語教師専攻のシニア生たちが行いました。1~2年生クラスでは、Jack-o-lanternの顔を作る福笑いをアレンジしたゲームをしたり、紙皿を使ってお面をつくるクラフトもレッスンに組み入れました。こども達が思い思いに作るJack-o-lanternのお面は、ほっぺにハートをあしらったり、ヤンチャな顔を作ったりと、それぞれの個性がでていてバラエティー豊かな作品ができあがりました。


五感をフルに使った楽しいアクティビイティー、ゲーム、歌、そしてクラフトを通してたくさんのハロウィーン関連の単語やフレーズを学び、こども達はハロウィーンをとっても楽しんでくれたようです。レッスン中はもうノリノリで、最後のお楽しみの“Treat”(お菓子)の時には盛り上がりが最高潮になりました。教室は、子ども達の明るい笑い声とつきることのないエネルギーであふれんばかり。コワ~イ仮装をしなくても、こども達の元気と明るい笑いのパワーでお化けはさっさと退散したことでしょう。

総合英語科児童英語専攻の説明はコチラLinkIcon


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ハロウィーン,Jack-o-lantern,楽しいアクティビイティー,クラフト,コワ~イ仮装,こども達,お面,OCFL,ハロウィーンシーズン,ハロウィーンレッスン