キャンパスニュース




12月5日に実施する第40回OCFLスピーチコンテストのオラトリカルの部の予選を7月に、英語レシテーションの部を8月末に実施しました。
両方とも甲乙つけがたい激戦となりましたが、複数の審査員の合議により、オラトリカルの部は6名の本戦出場者と12月11日に東京で実施される、第35回全国専門学校英語スピーチコンテストの本校代表1名を決定。また、英語レシテーションの部の本戦出場枠は本来6名ですが、どうしても優劣がつけにくい複数の学生がいて、7名を予選通過者にしました。
さらに、今月後半、司会者、パーフォーマンスの部の出場者のオーディションを実施。その後、中国語部門、韓国語部門の予選も実施します。スピーチの練習は、何といっても語学の習得への近道です。40年目となる今年のコンテストも盛り上がるといいですね。



LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,英語レシテーション,オラトリカル,パーフォーマンス,第40回OCFLスピーチコンテスト,甲乙つけがたい激戦,本戦出場枠,本戦出場者,予選通過者,オーディション,合議