キャンパスニュース




12月11日~12月16日の日程にて国際観光・ホテル・ブライダル科の学生達がハワイホスピタリティ研修に参加しました。ハワイといえば、世界屈指のリゾート地。特にアジアからの富裕層の方々がバケーションを過ごす場所として知られています。参加した学生達のほとんどがハワイは初めてとのことでしたので、事前のオリエンテーションをこまめに行い、現地のホテルやブライダル施設の訪問のための準備を重ねました。



今回は4泊6日の研修でしたが、そのメインの取り組みは世界中に展開しているハイブランドのホテルを訪問すること。今回は6件のホテルを訪問することができました。日本にもブランド展開をしているハイアットリージェンシーやヒルトン、ザ・リッツ・カールトンなどのホテルについては、日本国内の施設とは異なる魅力を発掘できたようで大変良い経験になったとのことです。また、実際に英語を使ってホテルやブライダル施設の方々と会話をするシーンでは、ちょっとした勇気が必要だったようですが、自分達の思いを英語で伝えられた時は感動したようです。以下学生達の感想です。

「ハワイのホテルではアジア系のゲストに合わせたおもてなしも考えていらっしゃることを知り、お客様目線でのサービスを創り上げることが大切だと実感しました。」
「日本のホテルのサービスとはひと味違ったフレンドリーなサービスを経験することが出来ました。いつかハワイのホテルで働けるよう、経験を積みたいと思います。」
「学校の授業で学んで学んだばかりのタイムシェア型ホテルもハワイにはたくさん存在していることを知り、そういった需要が高いということも本当に知ることが出来てよかったです。」
「ハワイのウェディングスタッフの方々から就職についてのヒントも得ることが出来、仕事に対するまっすぐな気持ちを大切にしなくてはと思いました。海外ウェディングのスペシャリストになりたいと思うようになりました。」
「とにかく視野が広がりました。英語での交渉、チップの重要性などに触れて自分自身の経験値を増やすことが出来ました。また自ら情報を収集するといった貪欲さ、前のめりの姿勢が大切だと思いました。」

学生達は、現地のホテルやブライダルスタッフの方々とも良い交流が出来たようですので、今後もこの出会いを大切に素敵な交流が続けられればと思います。現地のホテルやブライダル施設の方々も本校の学生達の純粋で熱い思いに触れることが出来、学生達との出会いを大変お喜びとのことでした。

スケジュールぎっしりの研修でしたが、学生達にとっては大変充実した研修だったようです。
この経験を是非自分達の将来に活かしてほしいと思います。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ハワイ,ブライダル施設,ホテル,ハイアットリージェンシー,学生達,オリエンテーション,バケーション,サービス,ハワイホスピタリティ研修,スペシャリスト