キャンパスニュース




「大阪外語専門学校スピーチコンテスト」を12月に大阪ドーンセンターの7Fホールで開催しました。本校の前進「通訳ガイド養成所」時代の校長、故國弘正雄先生の提唱でスタートしてから、今回が第40回目になります。

英語暗唱部門は、クラス予選と校内予選の2回の予選で選ばれた精鋭たちが3位までの入賞を競いました。また、English Oratorical(スピーチ)部門には6名の学生が本選出場を果たし自分たちの主張を英語で堂々と発表してくれました。中国語と韓国語の暗唱部門の優勝者を含めて8名の学生が入賞し、表彰式では観客の学生、先生方、保護者の方々から盛大な拍手を浴びました。コンテスタント以外に、2名の学生(国際留学科/キャビンアテンダント・エアライン科)が英語で司会をし、キャビンアテンダント・エアライン科の女子学生17名が2つのダンスチームと1人のソロ演技でダンスを披露してくれ、大変盛り上がりました。
 40年もこのコンテストを続けてきて教員たちが確信したのは、スピーチや暗唱の練習は英語力を高める最適の方法だということです。コンテストへの出場者は例外なく外国語能力を大きく高めています。
  

  

  


 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,English Oratorical,キャビンアテンダント・エアライン,暗唱,コンテスト,故國弘正雄先生,コンテスタント以外,通訳ガイド養成所,学生,大阪外語専門学校スピーチ,英語暗唱部門