キャンパスニュース




アジアの玄関口である関西国際空港は、たくさんの日本人と外国人たちの出発で賑わっていました。 関空の出発ロビーだけでなく、到着ロビーも人々の顔は笑顔です。 外国での楽しく、充実した時間と経験が、たくさんの笑顔のもとになっているのでしょう。

今年もOCFLの学生たちが、ロサンゼルスでの研修に出発していきました。 アメリカ人家庭でホームステイをしながら、現地の幼稚園や小学校で先生のアシスタントをするという3週間の研修です。 ロサンゼルスという世界でも代表的な多文化が混在する都市に滞在し、公立小学校でいろんな文化背景をもったアメリカ人生徒さんたちと触れ合う日々を過ごします。

アメリカ社会の価値観や教育観、学校で使用されている教科書や教え方などを、学校でアメリカ人の先生や生徒さんたちとの交流を通して体験していきます。 日本での教育との違いや共通点などの発見は、今までも参加した学生たちに大きな刺激と興味を与えてきています。 学生たちはそれぞれ違う学校で研修に参加し、それぞれ異なった経験をし、多彩なアメリカ社会や教育のあり方を見聞し、視野を広げています。

学生たちの滞在する町は、カリフォルニア州ならではの美しいビーチがたくさんあります。多くの学生たちが、ビーチでの風を受けながらの散歩を楽しむといったような日本とはまったく異なる生活環境で毎日を過ごします。

今年もどのような経験をしてくるのか、私たちも学生たちの報告が今から待ち遠しいです。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ロサンゼルス,アメリカ人生徒,学生たち,OCFL,関西国際空港,カリフォルニア州ならでは,教育観,ホームステイ,アメリカ社会,多文化