キャンパスニュース




OCFLの児童英語専攻の学生が、近隣の幼稚園で「英語で遊ぼうデ~」のボランティアレッスンを行いました。
3歳児から5歳児の園児さんたちと共に、歌にあわせてジェスチャーをし、絵本の読み聞かせを通じて、英語にふれあう時間を共にしました。

3歳児のみなさんは、ジェスチャーをとても上手に真似ることができ、絵本の読み聞かせでは一生懸命に集中している姿がとても愛らしく、なんとも微笑ましい情景でした。4歳児さんのみなさんは、名前を英語で言うことや、英単語のリピートとジェスチャー、そして絵本の読み聞かせでもとってもいい反応をみせてくれ、 5歳児のみなさんは以前に「英語で遊ぼうデー」でお会いしていることもあり、ハローソングからジェスチャーまでほぼ完全な反応で、絵本を見て英語の単語がでてくるぐらい非常に積極的な反応を示してくれました。 


園児のみなさんはエネルギーに満ち溢れた元気な子どもたち! レッスンを行った学生はとってもいい反応に嬉しいかぎりだったようですが、「あの元気のよさに圧倒されました!」という感想を語っていました。教育現場での経験ほど貴重なものはなく、「経験ほど勉強になるものはないということが良くわかりました。」と、理論と実践の大切さをしっかりと体得できたようです。 ボランティアレッスンという貴重な機会を通して、これからどんどん経験値をあげ、より良い児童英語教師を目指してほしいと思います。

   


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ジェスチャー,園児,ボランティアレッスン,OCFL,絵本,みなさん,微笑ましい情景,デー,ハローソング,児童英語専攻