キャンパスニュース




OCFLの恒例行事の「校外学習」。今年は、総合英語科大学編入専攻、アジア言語ビジネス科中国語・英語ビジネス専攻、英語通訳翻訳科が、梅田芸術劇場にてミュージカル『メアリー・ポピンズ』を鑑賞し、堪能しました。

鑑賞当日は最高のお天気で、梅田の新緑も美しく、風も爽やかで、5月ならではの晴天に恵まれました。日頃はそれぞれの目標に向かって専門の勉強にがんばっている学生達ですが、この日だけは勉強から解放され、楽しい時間を過ごすことができたようです。

ミュージカル『メアリー・ポピンズ』は、その曲の多くがよく知られていますが、それぞれの曲の歌詞やお話の内容には、人間の幸福とは何か、人生を生きていくのに必要な知恵など、観客に考えさせ、そして元気にしてくれる内容に溢れています。 明るく楽しいだけではなく、意味深いメッセージを持っているミュージカルでした。 


観客を巻き込む舞台装置や、オーケストラの生演奏、そしてキャストの方たちの秀逸な音楽性と演技力に魅了された3時間でした。このミュージカルから元気をもらい、佳境に入る前期の学習を乗り切ってもらいたいものです。<img


 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,ミュージカル,メアリー・ポピンズ,OCFL,アジア言語ビジネス科中国語,意味深いメッセージ,総合英語科大学編入専攻,観客,オーケストラ,音楽性,それぞれ