キャンパスニュース



今年も8月から9月にかけてQANTAS航空キャビンアテンダント研修を実施します。先日、この研修の現地責任者のマーガレット・ミラーさんがOCFLを訪問。シドニーの気候、環境、ホームステイに関する情報、語学研修の時間割、カンタス航空での研修内容等について、参加予定のキャビンアテンダント・エアライン科のジュニア生たちに説明してくださいました。

OCFLに入学しなければ体験できない、この自由参加のプログラムに今年も多くの学生が申し込みました。マーガレット・ミラーさんは提携校のUniversity of Western Sydney College の語学研修部門の責任者で、QANTAS航空との交渉も担当されています。鹿児島で4年間暮らした経験もあり、日本・中国・韓国の提携校を毎年訪問なさるアジア通でいらっしゃいます。

現地事情をお伺いすると、オーストラリアへの語学研修や留学では、日本人が減り、中国人が増える傾向にあるとのこと。不況に苦しむアメリカ・ヨーロッパ・日本と異なり、オーストラリアはいち早く景気が回復したことなどを話していただきました。海外に滞在するなら、やはり景気がよく活気のある町に住みたいですよね。

今回の研修では、シドニー市内観光や世界遺産のブルーマウンテンズ国立公園へのバス旅行も体験できます。語学研修も中近東やアジア諸国の留学生たちとともに学ぶインターナショナル・クラスに入り、カンタス航空訓練所ではパイロットやキャビンアテンダントの皆さんと同じカフェテリアで昼食をとるなど、楽しみがいっぱいの研修になりそうですね。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,マーガレット・ミラー,University of Western Sydney College,カンタス航空,提携校,OCFL,キャビンアテンダント・エアライン,語学研修,インターナショナル・クラス,シドニー,オーストラリア