キャンパスニュース



課外授業の一環として毎年行っているテーブルマナー研修ですが、今年度はJR大阪駅近くにあるラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル大阪」で本格的な「テーブルマナー講座」が実施されました。今回はテーブルマナー研修を受ける前にホテルのご配慮により、幾つかのグループに分かれて、ホテル館内を見学することができました。


1泊30万円もするスイートルームを始めとする、ヨーロッパ風、オリエンタル風の特長ある豪華な客室をゆっくり見学し、チャペルや神殿などのブライダルの施設にもご案内いただき、ブライダル部門への就職を目指す学生にとってもいい勉強になりました。

テーブルマナー研修はひととおり館内見学を終えてからスタートいたしましたが、それぞれの席に着いたとき、テーブルごとに折り方が異なるナプキンが飾られており、着席するなりサプライズなおもてなしに感激しました。

研修スタート後は、ホテルスタッフによるひとつひとつのメニューの内容や、初心者が間違いやすいマナーのポイント解説に耳を傾けながら、楽しくテーブルマナーを学ぶことができました。なお、会場内には今年3月に本校を卒業したばかりの山内さんがスタッフとして加わっていただき、各テーブルにミネラルウォーターをサービスしてくださいました。

山内さんは、現在1Fロビーラウンジの「アマデウス」に勤務しておられますが、新入社員には異例のことなのですが、接客で優秀な業績を上げたという理由で先日社内表彰を受けたそうです。そのような立派な先輩から直接サービスを受けることができ、また、他のスタッフの方々も本当に丁寧に学生たちの質問に答えてくれましたので、一流ホテルの厳かで豪華な宴会場の中でも、学生たちは緊張することなくテーブルマナーを学び、フルコース料理に舌鼓を打ちながら、本当に有意義な時間を過ごすことができたと思います。

以下、学生の感想の一部を紹介します。
・ 最初は緊張してぎこちない仕草でテーブルについていましたが、講師の方に丁寧なご指導を受け、わからないことは近くのスタッフに尋ねることで、最後はリラックスしてお食事を楽しむことができました。
・ 単にテーブルマナーを学ぶためだけではなく、本物の雰囲気を楽しみながら学ぶことが大切なんだと気づきました。
・ これから先、何かのパーティーなどに出席する機会を得ても、恥をかかないようなマナーをしっかり身につけられたと思います。
・ お皿の持ち方やナイフ・フォークの扱い方など、学校の授業に学んでいることを、実際のプロの現場で目の当たりにして、本校の授業の大切さを改めて感じることができました。
・ テーブルサービスだけではなく、スイートルームなどの客室を見学できて良かったです。
・ 卒業生の山内さんが格好良かったです。わずか3ヶ月ほどでこんなに立派になられるなんて驚きです!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,山内,テーブルマナー,ナイフ・フォーク,スイートルーム,テーブルマナー研修,ブライダル,間違いやすいマナー,本校,アマデウス,客室