キャンパスニュース



アジア言語ビジネス科 韓国語・英語ビジネス専攻の学生と選択授業で韓国語を学んでいる学生が3泊4日で韓国研修に行ってまいりました。

天候にも恵まれ、様々な体験ができました。まずは、韓国の歴史に触れるツアー、景福宮(キョンポックン)。600年の歴史をそのままに伝える李朝時代の正宮・景福宮!ソウル市内の宮殿でナンバーワンといっても過言ではありません。
ソウル市内にある5大王宮の中でも最も規模が大きく、建築美に優れた宮殿。1395年に創建され、現在は国の史跡第117号に指定されています。宮内には勤政殿、慶会楼など数多くの文化財があり、敷地内に国立古宮博物館と国立民俗博物館も隣接されています。
つぎに、昌徳宮 (チャンドックン)へ。李氏朝鮮王朝の太宗が建てた、王宮庭園秘苑がうつくしい古宮。1997年にユネスコ世界文化遺産にも登録された宮殿。1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所。建物や自然の維持管理が行き届いていて、特に豊かな自然をそのまま生かして造った美しい庭園・秘苑は見ごたえ十分でした。

その後、青瓦台(チョンワデ)大統領府の見学をしました。以前はこの大統領府は地図には記載されていませんでしたが、現在は記載され、観光客の見学も一部、可能となっています。もともと、この場所は高麗時代に王族が住んでいた地域で、先に見学した、景福宮(キョンポックン)のすぐ裏に位置し、以前は景福宮の一部でした。

その後、自由行動でグループ単位で、明洞や南大門市場、東大門市場などで買い物などを楽しみました。
翌日は韓国放送公社(かんこくほうそうこうしゃ、Korean Broadcasting System、略称:KBS)韓国の公共放送局の見学をしました。通常の見学ルートに加え、大阪外語専門学校生だけ、特別に放送局の内部を見学させていただきました。TVプログラムの収録を見学したり、KBS人気バラエティ番組のリハーサル風景を見学させていただいたりしました。当日は韓流スターに会うことはできませんでしたが、めったに経験することができないKBSの内部見学ができたので、参加者も大変満足いたしました。写真をお見せしたいところではありますが、都合により、このホームページではほんの一部しかお見せできません。詳しい研修の様子をお知りになりたい方はぜひ、オープンキャンパスにご参加くださいね。

この研修の様々なシーンを通して、大阪外語で学んできた、韓国語がしっかり身についていることを確認できたり、少し込み入った内容の話で、韓国語が理解できないところは、英語で説明されたり、日本ではあまり感じなかった<英語の必要性>を痛感し、後期からはしっかり、韓国語、英語とマナーをもっともっと勉強しなければと感じた韓国研修でした。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,キョンポックン,Korean Broadcasting System,景福宮,大統領府,韓国語,チャンドックン,宮殿,チョンワデ,正宮,李氏朝鮮王朝