いよいよ夏休み!空港の免税品店でアルバイトします! - キャンバスニュース-大阪外語専門学校

campusnews_top_gaigo_logo.jpg 
btn_events_n.gifbtn_pamphlet_n.gif 

いよいよ夏休み!空港の免税品店でアルバイトします!

7月20日(日)配信

cnews2008070720.jpg

 OCFLの就職センターでは、就職の求人やインターンシップだけでなく、学生アルバイトの紹介もしています。OCFLが紹介している休暇中のアルバイト先の中で学生に最も人気があるのは、空港の免税品店です。

 この夏休みも学生諸君数名が関西国際空港の免税店でアルバイトをします。その1人、春休みに続いて夏休みも同じアルバイトをするキャビンアテンダント・エアライン科の永井友梨さんに、免税品店でのアルバイトの魅力について話してもらいました。2年生の永井さんはすでに就職内定を得ており、これが学生時代最後のアルバイトになりそうだとのことです。

永井さんの話:

 有名ブランドの化粧品をキャンペーンする仕事です。職場には化粧せずに行き、勤務前に販売するブランドの化粧品でメイクすることになっています。普段は手のでない高級ブランドの化粧品を身につけて人前に立てるのがまず魅力です。

 職場に行くまでにセキュリティチェックを受けなければなりません。急いでいるときは煩わしい気になりますが、毎日、日本であって日本でない特別なエリアに入るという不思議な気持ちになり、さあ今日もがんばるぞという新鮮な意欲が湧いてきます。

 キャンペーンでサンプル商品の試供をしていると、外資系のクルーたちがよく冷やかしで声をかけてくれるので、英語でのやりとりができるのもうれしいですね。通路を行くお客様には、英語や日本語だけでなく、中国語でも声をかけるようにしています。実は、最も財布の紐がゆるいのは中国人観光客なのです。お一人数万円買われる方も珍しくありません。かつての日本の団体旅行客のように、帰国後、親戚へのおみやげとして配る習慣があるようです。フライト時間の関係で、午前は日本人の団体、午後は中国人の団体がお店に大勢お越しになります。

 立ちっぱなしでしんどいし、店の中だけでなく通路でも販売するので、春先は寒く、夏はきっと暑いと思います。でも、売り上げ目標を達成できたときは、たとえアルバイトの身分であっても、会社に貢献できたという充実感が感じられて楽しいです。どうすればもっと売り上げを伸ばせるかと、社員の方と相談しながら、工夫をし努力をすることで、働くことの楽しさを発見するとてもよい機会だと思います。8月半ばまで関西空港の免税品店にいますので、その時期に海外旅行に行かれる方は、ぜひ声をかけてくださいね。